« 8月26日 オランダのレーウェンフックが死去 | トップページ | 8月31日 野菜の日 »

8月30日 富士山測候所記念日

 今日は「富士山測候所記念日」です。
 1895年(明治28年)8月30日、大日本気象学会員の野中至が、私財を投じて建設していた富士山頂の測候所が完成しました。
 野中の測候所はのちの気象庁富士山測候所の前身となりました。

 富士山での気象観測は、日本最高峰で気象観測すれば台風の予報に役立つのではないかと、早い時期から検討されてきました。
 しかし建設工事は、富士山の厳しい自然環境のため、工事期間は夏季の短期間に限定され、これに加えて火口からの風を判断するのが難しく困難を極めました。
 
 さて、当時の富士山気象レーダーは世界最高の高度かつ世界最大で、世界に誇れるものでした。この富士山レーダードームは富士山頂のシンボルとして登山者にも親しまれていました。
 
 ところが、その後、気象衛星の発達により、山頂からのレーダー観測は必要性を失っていき、レーダー観測は1999年に廃止されました。
 測候所も2004年9月30日に無人化され、72年間の有人観測の歴史は終わりました。
 現在では、気温・湿度・気圧・地震の自動観測が続けられています。

 富士山の測候所だけでなく、日本各地の地方の測候所が経費削減・人員削減など合理化の名でつぎつぎ廃止されています。
 気象衛星による観測によって、測候所は必要がなくなったといわれていますが、狭い地方の生活・産業(農業・漁業)などに役立つ、精度の高い「地域予報」のためには、地方の小さな測候所が必要ではないかと思います。
 
 気象レーダー観測を廃止し、富士山測候所を無人化したことが、プラスだったのかマイナスだったのか専門家の声を聞きたいところです。

 なお、日本一の高山・富士山では、日本一の強い風が観測されています。1966年の台風26号が近くを通過したとき、測候所では91.0m/sを観測しました。

 なんと91.0m/sです。
 これは最大瞬間風速の日本記録になっています。

 気象庁職員として富士山レーダー建設の責任者として深くかかわった小説家・新田次郎は、自身の小説「富士山頂」で、こういった建設の経緯をくわしく描いています。

« 8月26日 オランダのレーウェンフックが死去 | トップページ | 8月31日 野菜の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事