« 10月9日 宇宙戦艦ヤマトがイスカンダルへ向けて発進 | トップページ | 6月22日 カニの日 »

6月16日 和菓子の日

 毎年6月16日は、家族や親しい知人の健康を願って和菓子を贈ったり、和菓子を食べる「和菓子の日」です。
 1979年、日本和菓子協会が制定しました。

 そもそもこの日の由来は平安時代の中ごろまでさかのぼります。
 承和という時代には、国内に疫病が蔓延しました。ときの仁明天皇は年号を嘉祥と改め、その元年(848年)の6月16日に、16個の菓子や餅を神前に供えて、疾病よけと健康・招福を祈ったことが始まりとされています。

 毎年6月16日になると、厄除け・招福を願って菓子を食う「嘉祥菓子」の習慣ができました。
 以後、さまざまに形を変えながら、平安期から江戸時代終わりまでおこなわれました。

 とくに、多くの古書で、室町時代には年中行事として行われるようになったと記されています。
 江戸時代になると、大切な祭りのひとつに数えられました。庶民も嘉祥喰といって、菓子を求めて食べました。(嘉定通宝16枚で買えました)

 団子が貴重な和菓子であったころは、団子を作って供えることが年中行事になっていました。
 しかし、現在のように季節を問わずいつでも食べられる時代とはなっても、年に一日だけでも厄よけ・招福を願って和菓子を口にしたらどうでしょうか。

 私は、今年の「和菓子の日」は好物の桜餅・きんつばで、厄よけ・招福を祈ることにします。

« 10月9日 宇宙戦艦ヤマトがイスカンダルへ向けて発進 | トップページ | 6月22日 カニの日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事