« 7月12日 キリバスがイギリスから独立(1979) | トップページ | 7月27日 すいかの日 »

7月13日 日本標準時刻記念日

 今日は「日本標準時刻記念日」です。
 1889年1月1日から「東経135度の時刻を日本の標準時とする」ことが、1886年7月13日に定められたからです。

 1884年にアメリカのワシントンで国際子午線会議が開かれました。その会議では「イギリスのグリニッジ天文台を通る子午線(経線)を世界中の子午線と時刻の基準」とすることが決められました。
 この基準の子午線は本初子午線と名付けられました。
 
 さて、地球は24時間かかって1周(360度動く)しますので、「360度÷24時間=15度」の式から、「経度15度で1時間の差」の計算になります。
 
 経度15度の倍数で日本列島を通るのは東経135度の子午線(経線)しかありませんので、これが「日本標準時子午線」に決定されたのです。

 1886年といえば、まだ明治19年ですから、地方毎の別々の時刻で十分間に合っていた時代です。
 標準時実施に先立っては官報に地方時と標準時の時差表を掲載しました。また新標準時は、西日本ではそれまでより早くなり、東日本では遅くなること、などを周知させていました。

 このようにして、明石の地方時の1889年1月1日午前0時0分に観象台から全国の電信局に時報が通報されました。
 この時から明石で今まで使っていた地方時が日本全国の標準時になりました。

 現在、東経135度の標準時子午線上に明石市立天文科学館があります。

« 7月12日 キリバスがイギリスから独立(1979) | トップページ | 7月27日 すいかの日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/52234696

この記事へのトラックバック一覧です: 7月13日 日本標準時刻記念日:

« 7月12日 キリバスがイギリスから独立(1979) | トップページ | 7月27日 すいかの日 »