« 7月5日 下山事件がおこる | トップページ | 7月13日 日本標準時刻記念日 »

7月12日 キリバスがイギリスから独立(1979)

 1979年7月12日は「キリバス共和国」がイギリスから独立した日です。

 キリバスは、南太平洋上に位置する海洋国家です。
 またキリバスは33の環礁(さんご礁)からなっています。それらの島は赤道付近に東西3800km²にも渡って散らばっています。東西の島の間は、日本の北海道から沖縄の与論島あたりまでの距離ほど離れています。
 
 果てしないほどの海・太平洋が広がっています。そのために世界第3位を誇る広大な排他的経済水域を有していることで知られています。

 キリバスの先住民は、約2000年前、西方からカヌーに乗ってやってきたミクロネシア系の人々です。
 1892年以来、イギリスの保護領、植民地、自治領となっていました。その間、第二次世界大戦中には日本軍に占領されたこともあります。
 1978年に一部は「ツバル」として独立しました。続いて1979年に「キリバス」が独立しました。

 キリバスでよく知られて入ることの第1は、戦後、ライン諸島のクリスマス島がイギリス・アメリカ両国の核実験場とされていたことです。

 2つめは、1995年1月1日に、それまでは180度の南北の経線(日付変更線)が国の中央を通っていたのを、東に大きく日付変更線をずらされたことです。
 その結果、世界で最も早く新しい日(年)を迎える国となり、中でもカロリン島(ミレニアム島に改名された)は太陽(朝日)が最も早く昇る島になりました。

 3つめはキリバスの不幸な将来です。
 キリバスの島は、珊瑚礁の砂と岩でできた小島で、海面の高さは2m~2m50cmです。低い土地が多いために、地球温暖化による海面上昇で、国土の半数以上は水没の危機にあります。
 大統領は、「温暖化対策の遅れで、もはやキリバスの水没は免れない」と明言し、全国民の他国への移住計画を発表したほど深刻です。
 
 国が水没するかもしれない(国が消滅する)とは何という不幸なことでしょう。 

« 7月5日 下山事件がおこる | トップページ | 7月13日 日本標準時刻記念日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/52234635

この記事へのトラックバック一覧です: 7月12日 キリバスがイギリスから独立(1979):

« 7月5日 下山事件がおこる | トップページ | 7月13日 日本標準時刻記念日 »