« 2009年9月 | トップページ | 2011年7月 »

10月9日 宇宙戦艦ヤマトがイスカンダルへ向けて発進

 2199年の今日は、 「宇宙戦艦ヤマト」がイスカンダルに向けて地球から発進した日です。
 もちろん人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の中のできごとです。

 「宇宙戦艦ヤマト」は、1974年にテレビで放送されたアニメーション、およびその後に劇場公開された一連の作品をさしています。
 
  現在でも 宇宙戦艦ヤマトのプラモデルは子ども達にも大人気です。

 当時の私は仕事が忙しくて、7時という時間帯に家庭にいることはほとんどありませんでした。ですから、このアニメは見たことがなく、記憶に残っていないのです。
 ただ、主題歌の歌詞の一部分だけは知っていました。でも何のためにイスカンダルに行こうとしているのかな?、という程度の知識しかなかったのです。 

視聴率は低かったといわれています。
 放送当初は同時間帯の「アルプスの少女ハイジ」 が超人気番組で、この影響もあって予定の回数を待たずに打ち切られました。
 
 ところが、再放送のころから注目されはじめ、人気が出てきました。
 再編集され、劇場映画として公開されるころには大ブームだったそうです。SFに興味がない私は、ブームにはもちろん乗れませんでした。

 
 さて、ストーリーは、西暦2199年の地球から始まります。
 冥王星を前線基地とした宇宙人・ガミラス帝国の侵略を受けていた地球は無惨な姿でした。
 
 海水が蒸発した地球は赤茶けた姿に変貌していました。放射能の汚染で地上の生物は死滅していました。
 
 人類は地下都市を建設し、地球防衛軍を結成して抵抗を続けていました。しかし、地下都市にも放射能の汚染が進行し、人類の絶滅まであと1年余りと迫りました。

 そのころ火星に宇宙船が不時着しました。
 宇宙船には、「放射能除去装置・コスモクリーナーDをイスカンダルまで受け取りに来るように」との救援メッセージと、航海に必要な波動エンジンの設計図が納められていました。
 
 さっそくヤマトが作り直され、波動エンジンが搭載されました。
 放射能除去装置・コスモクリーナーDを受け取って、地球に帰還する任務が「宇宙戦艦ヤマト」に与えられたのでした。

 14万8千光年の彼方、大マゼラン星雲のイスカンダル星に向け、1年以内に帰還しなければ人類滅亡という状況のもと、宇宙戦艦ヤマトは人類最後の希望を託されて発進しました。

 ヤマトは、ガミラス帝国の攻撃と戦い、未知の宇宙空間における障害を乗り越えながら、イスカンダル星をめざして行きました。

 TV版「宇宙戦艦ヤマト」の最終話で、ヤマトの帰還とともに、荒廃した地球がもとの青さを取りもどすさまが描かれています。

 
 さて、現代において放射能は、「地球上の多くのガミラス帝国」によって実際に汚染され続けています。
 核戦争ともなれば「アニメの2199年」のような荒廃した地球になるのは目に見えています。

 現代の地球人が、イスカンダル星のコスモクリーナーDをほんとうに受け取りに行かなくてもいいように願っています。

<文中のリンクは楽天市場>

10月1日 記念日のオンパレード

 今日、10月1日は夏の衣装から冬の衣装に切り替わる「更衣」の日として、ふだんの生活にもとけ込んでいます。
 学生の制服(標準服)の冬服に切り替えられます。周囲の景色も違ったものになり、新鮮さを感じます。
 ただ、私の場合、6月の更衣は白色がぐっと増えて、社会が明るくなった気がして好きなんですが、10月の更衣は黒色の系統が増えて、暗いイメージになるので嫌いでした。

 さて、今日は記念日のオンパレードで、いろいろな記念日があります。どんな記念日があるか、羅列してみましょう。

  「日本酒の日」
  新米で酒造りを始めるのが10月で、酒壺を表す「酉」の字は十二支の10番目であることからこの日が記念日になりました。
 若者の日本酒離れがどんどん進んでいるようですね。

 「醤油の日」
 「醤」の文字に、十二支で10月を表す「酉」の字が含まれることからこの日になりました。

 「ネクタイの日」
 1884(明治18)年、小山梅吉が日本で初めてネクタイの製造を始めたことから記念日となりました。
 ネクタイを締める人は少なくなりましたね。
 私の場合は、年に0~5回程度です。 

 「国際音楽の日」
 ユーディ・メニューイン(バイオリン奏者)が、国際紛争が絶えないことを憂いて提唱しました。
 国際的な連帯のもとに音楽の記念行事を催すことが決定され、日本では1995年から施行されています。
 
 「赤い羽根の日」
 おなじみの赤い羽根共同募金運動開始の日です。 

「都民の日」
 東京都が1952(昭和27)年に制定しました。
 明治維新以後、東京は明治政府の全面的指導下の特別市でした。しかし、1898(明治31)年、自治権を持つ一般の市になりました。
 この日、都内の公立学校が休みになり、庭園・動物園・植物園等の入場料が無料になります。

 「香水の日」
 フランスでは新しい香水の発売日が毎年10月1日ごろであることからこの日が記念日になりました。

 「食物せんいの日」
  「1001」を「千一」と見立てて「せん(千)い(一)」の語呂合せです。

 「乳がん健診の日」
 乳がん患者などによる「あけぼの会」が制定しました。「乳がん早期発見強化月間」の1日目になります。
 私の胃癌発見の教訓は、「早期発見・早期治療」です。早い目の検査をかならず受けましょう。

 「磁石の日」
 N極を+、S極を-とし、+-を十一に見立ててこの日になりました。

 「荒川線の日」
 1974(昭和49)年、都電で最後に残された27・32系統が統合され「荒川線」の名称がつけられた日です。

 「土地の日」
 「十」と「一」を組み合わせると「土」の字になることから、当時の国土庁(現在の国土交通省)が1997年に制定しました。

 「コーヒーの日」
  国際コーヒー協会が定めた「コーヒー年度」の始りの日です。
  コーヒー豆の収穫が終り、新たにコーヒー作りが始る時期であることから、全日本コーヒー協会が1983年に制定しました。

 「印章の日,ハンコの日」

 「食文化の日」

 「国際高齢者の日(International Day of Older Persons)」
 国際デーの一つです。

 「メガネの日」
 1をメガネのつる、0をレンズとみなすとメガネの形になることからこの日になりました。

 「デザインの日」
 デザインに対する理解を深める日です。

 「展望の日」
 全日本タワー協議会が、「Ten(10)棒(1)」の語呂合せで制定しました。
 全国の展望・観光タワーでさまざまなイベントが開催されます。
 
 「福祉用具の日」

 「浄化槽の日」

 「法の日」 
 

 今日は、記念日にのっとって各地でさまざまな行事がおこなわれる予定です。 

« 2009年9月 | トップページ | 2011年7月 »