« 9月24日 畳の日 | トップページ | 10月1日 記念日のオンパレード »

9月26日 伊勢湾台風が襲来

 1959(昭34)年の今日は、「伊勢湾台風」が襲来した日です。
 この年の台風15号は、伊勢湾周辺に未曾有の大被害をもたらしたため「伊勢湾台風」と名づけられました。

 この台風による被害は、明治以来最大で、死者・行方不明者は5、000人を超え、57万戸の家屋が被害を受けました。
 犠牲者の数は1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災まで、戦後の自然災害では最多のものでした。

 そのころ私は名古屋市立豊国中学校の1年生でした。台風が来れば学校が休みになると、前日の夕方までは台風に期待する気持ちが強かったのを覚えています。

 父は、台風の進路が紀伊半島に向かっているので、「紀伊山脈は高い山だから台風は乗り越えられなくて横に逸れるから、名古屋は大丈夫だ」と、どこかで聞いてきた話を私に聞かせてくれました。
 当時の大人達の間では、このような楽観的な話がされていたのでしょう。

 ところが、朝方、わりと土地が高い中村区にあったわが家でさえ床下浸水が始まり、天井からは雨水が染みこんできました。
 尋常ではないことを感じつつも、あれほどの大被害をもたらすとはまったく予想できませんでした。
 翌朝、休校になったので、のんきにも自転車で遠くまで街のようすを見に行きました。ところが被害の大きさをこの目で見てびっくりしてしまいました。

 被害のようすについては私がここで記すより、下記ホームページをご覧ください。

  怖ろしかった伊勢湾台風 (すみません、勝手にリンクを張りました。)
 
 <参考書籍> 忘れない伊勢湾台風50年 (楽天ブックス) 

 近くの母子寮が全壊して住居を無くした友人がいました。私の学級の一人で、やがて転校していきました。
 みんなが泣いて別れました。
 私は、セルロイドの筆箱に脱脂綿を敷いて鉛筆を6本並べて贈ったことを覚えています。

 海抜0メートル地帯であった鍋島干拓地、弥富町、名古屋市南部のむごたらしいニュース写真を連日見て、台風の恐ろしさに身震いしたのを覚えています。

 伊勢湾台風は、3,000人以上の犠牲者を出した台風として、室戸台風、枕崎台風とあわせて昭和の三大台風と呼ばれています。
 災害対策について定めた災害対策基本法は、この伊勢湾台風を教訓として成立したものです。
 従来の災害対策を根本からくつがえした台風でした。

 なお、本日9月26日は、台風襲来の特異日(統計上、台風襲来の回数が多い日)でもあります。
 「洞爺丸台風」(1954)で青函連絡船・洞爺丸が転覆したのも、「狩野川台風」(1958)が伊豆・関東地方に来襲したのもこの日でした。

 今年は、この日に台風が襲来せず、被害が出なくて良かったですね。

(書籍のリンクは楽天市場)

« 9月24日 畳の日 | トップページ | 10月1日 記念日のオンパレード »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/46318684

この記事へのトラックバック一覧です: 9月26日 伊勢湾台風が襲来:

« 9月24日 畳の日 | トップページ | 10月1日 記念日のオンパレード »