« 9月14日 コスモスの日 | トップページ | 9月26日 伊勢湾台風が襲来 »

9月24日 畳の日

 今日は「畳の日」です。全国畳産業振興会により制定されました。
 1年に2回あります。もう1回は4月29日です。

 4月29日は、いぐさの美しい緑色から旧「みどりの日」にちなんで決められ、9月24日は「清掃の日」にちなんで決められました。

 そもそも畳は、日本で発展してきた敷物で、その歴史は1万年以上も前の縄文時代の竪穴式住居にさかのぼるといわれています。
 そのころは土間に草を敷いて、その上に動物の皮などを敷いて寝ていました。

 弥生時代になると、草が薦(コモ)・筵(ムシロ)になり、飛鳥時代になると、板の床の上に敷く「たたみ」が誕生しました。
 
 奈良時代の文献では、古事記などに「畳」の字が現れています。
 このころの「畳」は、高貴な人の寝床や座る場所にしく、「畳んだり敷いたりするもの」という意味でした。
 皮でも絹でも、藁(ワラ)でも「たたみ」でした。
 つまり、使わない時は折り畳んでいたのです。「畳」とは「たたむ」ことを意味していたようですね。

 しだいに現在のような畳に進化していったのですが、畳が敷き詰められるようになるのは室町時代の書院造のころからです。
 一般の民家に畳が普及するのはずっと後のことです。
 
 部屋内に何枚の畳が敷き詰められているかで部屋の大きさ(床の面積)を表す単位として畳(じょう)が使われてきました。
 4畳半とか6畳とかがおなじみで一般的ですが。
 
 関西では、京間と呼ばれて、畳の寸法はもっとも大きいのですが、江戸間の寸法は少し小さ目になっています。
 このような畳のサイズが異なったのは、もともと一間(いっけん:畳の長辺の長さ)について課税された時代の影響だそうです。

 さらに中京間、団地サイズなどが加わり、4サイズが有名ですが、ほかにもさまざまなサイズがあるようです。
 関西の京間の家屋で育った人が、結婚して団地に引っ越した人が、一部屋の実質的な狭さに息が詰まりそうなストレスを感じたといいます。

 近所の畳屋さんが店を畳みました。しゃれのつもりではありません。畳の需要が減り、日本の伝統的な畳産業はピンチです。
 
 一方で、売り上げを伸ばしている畳店もあります。24時間営業に変更したら売り上げが伸びたそうです。
 深夜に畳を入れ替える料亭や飲食店からの注文が増えたからです。

 最近は畳に触れる機会がぐんと減りましたね。日本家屋でも内装は洋間というものが増えていますね。

 私の友人や娘のマンションは、畳の間がまったくありません。全室フローリングです。何かもの足らない淋しい感覚がします。
 友人の家では 健康いぐさ を敷いて、昼寝をしているそうです。

 一般の家庭で、畳が見直されて、もっと地位が向上するといいです.

<記事中のリンクは楽天市場>

« 9月14日 コスモスの日 | トップページ | 9月26日 伊勢湾台風が襲来 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/46299376

この記事へのトラックバック一覧です: 9月24日 畳の日:

« 9月14日 コスモスの日 | トップページ | 9月26日 伊勢湾台風が襲来 »