« 8月19日 鼠小僧次郎吉が刑死 | トップページ | 9月6日 黒酢の日 »

8月25日 川柳発祥の日

 今日は、1757年8月25日に柄井川柳が川柳評万句合を開始したことによる「川柳発祥の日」です。
 柄井川柳(からいせんりゅう)は、江戸時代中期の人物です。
 
 当時、江戸庶民に人気のあった文芸に前句付というものがありました。
 前句付というのは、出題された七七の前句に対して、五七五の付け句をすることです。柄井川柳はこの句会を主催し、優れた付け句を募集して世間に発表するすぐれた点者(判定者)でした。

 俳諧(俳句)には季語や切れ字の制約がありますが、柄井川柳の付け句には、季語や切れ字などの制約はありませんでした。
 また、ふだんの口語を使って、人生の機微や世相・風俗をこっけいに、また風刺的に描写する特色を持っていました。
 付け句の一句そのもののおもしろさに重点がおかれました。

 柄井川柳が新しい趣向を好み、選句眼にもすぐれていたことが、上級武士もふくめて好まれました。1765年7月、刊行された「誹風柳多留」は、前句付の流行に拍車をかけました。
 そののち、前付句の五七五が独立し、初代柄井川柳の力で隆盛をきわめました。しかし、まだ「川柳」という名はなくて、当時は雑俳と呼ばれていました。
 雑俳? 何だか、そんなの俳諧(俳句)じゃないよと冷たく扱われていた感じがします。どんなものでも始めはこんなもんですね。
 
 「川柳」と言われるようになったのは明治になってからで、柄井川柳の名前にちなんだものです。
 人名が文芸のジャンルになっているのは「川柳」だけです。
 
 なお、私の理解がまちがっていました。川柳とは、俳諧(俳句)からいきなり季語や切れ字をなくしたものだと思っていましたが、前句付の文芸から派生したものでした。

 江戸時代の狂歌とならんで「川柳(当時は雑俳)」はおもしろいものあります。
  役人の子はにぎにぎをよくおぼえ(賄賂への皮肉)
  いくらいりますかと質屋はずらり抜き(武士が質屋に持って行った刀は本物かな?)
  一年を二十日で暮らすいい男(職人・花魁・若旦那の暮らしっぷり)
 江戸時代の「川柳」には、当時の人々の庶民の生活の生きざまが、生き生きと描かれています。

 現代の「川柳」は、新聞でも募集されていますが、あいかわらず高い人気を誇っています。
 おもしろい名作を見つけました。
 名作川柳

 私も一句、と思いましたが出来ませんでした。また後日発表します。 

« 8月19日 鼠小僧次郎吉が刑死 | トップページ | 9月6日 黒酢の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/42264789

この記事へのトラックバック一覧です: 8月25日 川柳発祥の日:

« 8月19日 鼠小僧次郎吉が刑死 | トップページ | 9月6日 黒酢の日 »