« 7月19日 映画「青い山脈」の封切り日 | トップページ | 8月10日 健康ハートの日 »

7月24日 芥川龍之介が自殺

 1927年7月24日、芥川龍之介が東京の田端の自室で多量の睡眠薬を飲んで自殺しました。芥川龍之介の自殺は社会に衝撃を与えました。
 代表作の河童 から、命日は「河童忌」と名附けられました。<注:リンクは楽天市場>

 竜之介は死の数日前から大量の睡眠薬でべろべろになっていたということです。起きたと思ったらまた眠っているという状態でした。
 すでに自殺を決意し、体を睡眠薬に徐々に慣らしていたのだろうと推測されています。

 自殺するのに体を慣らす必要はないので、自殺をすると思わせて助けてもらいたいという狂言自殺のはずが、本当に自殺になってしまった、という説もあります。

 竜之介は、夏目漱石の門下です。
 「鼻」「芋粥」で注目され、「羅生門」「地獄変」「歯車」「或阿呆の一生」などの作品を残しました。
 
 この世で信じられるものは自分の神経だけだと繰り返し書いています。
 そのとぎすまされたするどい感性と知性が「トロッコ」などの名作を生み、大正時代の代表的な短編小説家になりました。

 しかし、大正末期ごろから、神経衰弱や胃腸病に悩みました。
 一方、そのころさかんになってきたプロレタリア(労働者)文学の新しい波に自分がついて行けないのではないかという不安が大きくなっていきました。
 このころから、作品はしだいに暗く、苦しげになっていきました。
 そして、ついに服毒自殺を遂げたのです。

 なお、竜之介の死から8年後、親友で文藝春秋社主の菊池寛が、芥川の名を冠した新人文学賞「芥川賞」を設けました。
 芥川賞は直木賞と並ぶ文学賞として現在まで続いています。

 さて、竜之介の作品は短編が多いので、少しだけですが学生時代に読みました。
 「鼻」「杜子春」「蜘蛛の糸」「芋粥」「羅生門」「トロッコ」など、懐かしさを感じます。

 なお、黒澤明監督の映画「 羅生門 」は、龍之介の「羅生門」とは別物です。<注:リンクは楽天市場>

 

 映画は、龍之介の「藪の中」という作品を原作に映画化されたのですが、「藪の中」のタイトルではヒットしないからと、営業上の理由で「羅生門」に変えられてしまったということです。
 このことを知るまでは、原作と映画のあまりにもかけはなれた内容にとまどっていました。

« 7月19日 映画「青い山脈」の封切り日 | トップページ | 8月10日 健康ハートの日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/41953249

この記事へのトラックバック一覧です: 7月24日 芥川龍之介が自殺:

« 7月19日 映画「青い山脈」の封切り日 | トップページ | 8月10日 健康ハートの日 »