« 5月30日 ジャンヌ・ダルクが処刑された日 | トップページ | 7月9日 浅草寺のほうずき市 »

6月6日 楽器の日

 今日は「楽器の日」です。
 全国楽器協会(楽器メーカー、楽器卸商、楽器小売店による業界団体)によって、1970(昭和45)年に制定されました。

 古くから言われている言葉に「芸事の稽古は、6歳の6月6日から始める」というならわしに由来しています。

 なぜ子どもの稽古はじめが「6」づくしなのか、一説によれば数を指で数えると、5までは指を曲げれるけれども、6になると逆に小指から指を立てます。そこから「子が立つのは6」と縁起をかつぎ、6歳の6月6日となった、とも言われています。
 こじつけみたいな縁起かつぎですがおもしろいですね、

 最近は、退職されてからセカンドライフとして、琴や三味線、クラリネット・・・・の楽器を習う方が増えているそうです。何であっても習う楽しみは、子どもだけのものではありませんね。
 年寄りも6づくしの日から始めたら上達するかもしれませんね。60歳になった6月6日とか、60歳を過ぎていれば66歳まで待って始めるとか・・。

 「習うのに老いすぎているということはない」ということわざもあるように、肩ひじを張らず気軽に楽器を楽しむのもいいですね。
 6月6日はきっかけになるかもしれませんね。

 「楽器の日」といえば日本の楽器メーカーのこぼれ話に移ります。
 ヤマハとカワイというのが楽器メーカーの双璧ですが、元々は一緒にスタートした企業だということです。
 明治時代に外国からオルガンが入ったオルガンが故障したとき、時計職人の山葉寅楠と河合小市がその修理を請け負って直したのがきっかけです。

 二人はこの経験をのとに明治21年に「山葉風琴製造所」を設立しました。これが現在の「ヤマハ」の前身です。
 最初は二人で一緒にやっていたのですが昭和2年になって、河合小市がここから独立、「河合楽器製造株式会社」を設立しました。これが「カワイ」です。

 「ヤマハ」は山葉寅楠から命名され、「カワイ」はそこから分かれました。これらの企業がおこった浜松市は「楽器の町」になりました。

« 5月30日 ジャンヌ・ダルクが処刑された日 | トップページ | 7月9日 浅草寺のほうずき市 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/45291141

この記事へのトラックバック一覧です: 6月6日 楽器の日:

« 5月30日 ジャンヌ・ダルクが処刑された日 | トップページ | 7月9日 浅草寺のほうずき市 »