« 5月4日 藤井勇がランニングホームラン(日本プロ野球初の本塁打) | トップページ | 5月14日 医学史上最年少(5歳)で子供を出産した。 »

5月11日 柳生宗矩(やぎゅう むねのり)の誕生日

 今日は、江戸時代初期の剣豪で、大名にもなった柳生宗矩(やぎゅう むねのり)が生まれた日です。

 宗矩の父は大和国柳生の領主だった、上泉信綱から新陰流の印可状を伝えられた剣術家・柳生宗厳(石舟斎)です。
 宗矩の少年時代に、太閤検地の際に父の隠田が露見したために、父は領地を失っていました。
 その後、父とともに徳川家康に仕えたころから家運が上昇していきました。

 1600年、関ヶ原の戦いに功をたて、父の旧領の大和国柳生荘に2000石を与えられました。
 第3代将軍徳川秀忠、ついで3代将軍・徳川家光にも剣術師範として仕えました。
 1615年の大坂の陣では、将軍秀忠のもとで従軍し、秀忠の元に迫った豊臣方7人を斬り捨てたといわれています。
 
 次第に将軍の信任を深めて加増を受けて、やがて1万石を受けて大名に昇格し、大和国に柳生藩を立てました。
 父の旧領を回復したのです。

 子は4人いて、もっとも有名なのは隻眼の剣士として有名な長男の三厳です。テレビや映画・芝居では十兵衛として知られています。
 十兵衛が隻眼になったのは、宗矩が月影の太刀伝授中に誤って傷つけたからです。

 宗矩の死後、徳川家光は、「この問題は宗矩がいたらどうしただろう」といったとされるほど信用されていたようです。
 勝海舟が宗矩を絶賛していることも有名です。
 
 山岡荘八が原作を書き下ろした大河ドラマ「春の坂道」では、宗矩は情誼に篤い剣聖であり、家光のよき師として描かれています。

 しかし、近年、評価が変わってきて、悪役として描かれる作品が多くなりつつあります。
 有名ところでは、小説では「影武者徳川家康」、漫画では「あずみ」、映画・ドラマでは「柳生一族の陰謀」などです。
 ームの「新 鬼武者 DAWN OF DREAMS」でも悪役になっています。

 柳生宗矩については、文武両道によって太平を望み、その実現のために尽力した人格者として描かれています。
 一方、剣術的には達人にはちがいないが、父にも、息子・十兵衛にも、甥の利厳にも剣術の腕前は一手及ばず、「政を以って剣を歪めた悪役」として描かれることもあります。

(リンクは楽天市場)

 ただ、玉虫色ですが、厳格で知勇を兼ねそなえていて、傑物であったという評価は共通しています。

 歴史の残る人物にとっては、時代によって、価値観・立場によって評価が変わるということは避けられませんね。

 

 なお、宗矩はテレビによく登場する歴史上の人物です。
 片岡千恵蔵、中村錦之助(萬屋錦之介)、山村聰、松方弘樹、若山富三郎などが宗矩の役を演じています。
 堂々としたスター俳優が演じています。

« 5月4日 藤井勇がランニングホームラン(日本プロ野球初の本塁打) | トップページ | 5月14日 医学史上最年少(5歳)で子供を出産した。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/44984647

この記事へのトラックバック一覧です: 5月11日 柳生宗矩(やぎゅう むねのり)の誕生日:

« 5月4日 藤井勇がランニングホームラン(日本プロ野球初の本塁打) | トップページ | 5月14日 医学史上最年少(5歳)で子供を出産した。 »