« 5月14日 医学史上最年少(5歳)で子供を出産した。 | トップページ | 5月30日 ジャンヌ・ダルクが処刑された日 »

5月29日 こんにゃくの日

 今日は「こんにゃくの日」です。
 「こ(5)んに(2)ゃく(9)」の語呂あわせより制定されました。

 こんにゃくは古くからある食品で1000年以上の食用歴があるそうです。農村では江戸時代からよく作られていた保存食ではなかったでしょうか。

 若いころ読んだ白土三平の漫画に、江戸時代の農村でネズミが大発生して地走りすると、あらゆるものが食い尽くされました。
 こんにゃく芋の粉末を入れていた袋もネズミに食いちぎられ、破れてしまいます。
 
 袋からはもうもうとこんにゃく芋の粉が舞い上がり、空中をただよいます。
 ネズミの地走りから逃れることができた農民たちは、その空気を吸っってバタバタとノドをかきむしって、窒息して死んでいく場面があります。

 ノドの周辺の水気でこんにゃく粉がゲル化してノドが詰まったのです。こんにゃくの粉って恐いなあと思ったものでした。

 私が大好きな「マンナンライフのこんにゃく畑」も、食べ方をまちがえると小さな子が窒息してしまいます。

 でもこんにゃくは優れた解毒作用のある良い食品ですね。
 こんにゃくは昔から「おなかの砂おろし」や「胃のほうき」などといわれてきました。

 そういえば、アサリやシジミを食べた後にはかならずこんにゃくが食卓に出ていたことを思い出しました。

 これは、食物繊維の豊富なこんにゃくを食べることで体に不必要なものを掃除しているのですね。

 こんにゃくなどの食物繊維が小腸と肝臓の間を循環しているダイオキシンを吸着して、便とともに体外に排出していることがわかってきました。
 
 こんにゃくの食物繊維は、大腸がんや大腸ポリープなどの大腸疾患のリスクを軽減させることが知られてきました。
 ほんとうの健康食品といっていいでしょう。

 

 さて、東京都文京区に「源覚寺」は眼病平癒の「こんにゃくえんま」として親しまれています。
 ここのえんま様には、「こんにゃく」をお供えすることになっているようです。

 今朝のテレビ「はなまるマーケット」で放送していました。
 こんにゃくは「困厄」に通じ、こんにゃくをお供えして「困厄」からのがれようと平素からお参りする人が多いそうなという解説でした。

 その説よりも、この寺院のえんま像に由来する話の方が広まっています。
 源覚寺蔵の木造のえんま王坐像は眼病の治療に効験があるといわれ、平癒したものはお礼にこんにゃくを奉納したことからこんにゃく閻魔の通称で知られるようになりました。

 お礼がこんにゃくになったわけは、江戸時代、眼病を患った老婆がえんま像の右目が与えられて癒されたため、それに感謝した老婆が自分の好物のこんにゃくをお礼に供えたところからはじまっているといわれています。

 なお、歯痛を抱える人は境内にある「塩地蔵」に塩を供えて祈り、完治の折には塩の量を倍にしてお礼参りをすることになっているといいます。

 ちなみに、私は、こんにゃくは夜しか食べません。
 「こんにゃ(今夜)くう(食う)」のダジャレです。
 兄からしょっちゅう聞かされました。

 

« 5月14日 医学史上最年少(5歳)で子供を出産した。 | トップページ | 5月30日 ジャンヌ・ダルクが処刑された日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/45172753

この記事へのトラックバック一覧です: 5月29日 こんにゃくの日:

« 5月14日 医学史上最年少(5歳)で子供を出産した。 | トップページ | 5月30日 ジャンヌ・ダルクが処刑された日 »