« 4月14日 タイタニック号が氷山に衝突・沈没。死者1513人。 | トップページ | 5月2日 コンゴ自由国ができた »

4月27日 古代ギリシャのソクラテスが毒をあおって刑死。

 紀元前399年の今日、古代ギリシャの哲学者ソクラテスが青年を惑わした罪で刑死しました。

 父は彫刻家ないしは石工で、母は助産婦でした。
 アテナイ(アテネ)で生まれ、生涯のほとんどをアテナイで暮らしました。

 スパルタと戦ったペロポネソス戦争の最初の大会戦では重装歩兵として従軍していることがわかっています。
 青年期には自然科学に興味を持ったとといわれ、晩年は倫理や徳を追求する哲学者としての生活に専念しました。

 ソクラテスの妻の名前をクサンティッペといいます。
 ソクラテス自身がかなりの恐妻家であることは有名で、妻に「何が哲学だ。屁理屈ばかり重ねずに仕事をしろ」といわれるなど頭が上がらなかったようです。

 ソクラテスは結婚について悩んでいる人間に向かって、「結婚してもしなくても、どのみち君は後悔することになる」といいました。
 
 自分自身の「魂」をたいせつにすることの必要を説き、自分自身にとってもっともたいせつなものは何かを問うて、毎日、町の人々と哲学的対話を交わすことを仕事としました。  

 そして、この仕事のために嫉まれて、相手は論破され恥をかかされたと思って、ソクラテスを憎むようになりました。
 そして、告発され、裁判にかけられました。

 ソクラテスは、自身の弁明(ソクラテスの弁明)を行い、自説を曲げたり自分の行為を反省したりすることを決してせず、追放の手も拒否し、結果的に死刑をいい渡されました。

 罪状の票決は2回行われ、2回目の投票では陪審員の反感を招いて大多数で死刑が可決されました。
 プラトンらによって逃亡・亡命が勧められたり、またソクラテスに同情する牢番も彼がいつでも逃げられるよう鉄格子の鍵を開けていましたがこれを拒否しました。

 脱獄可能な状態でしたが、死を恐れずに殉ずる道を選びました。
 紀元前399年、ソクラテスは親しい人物と最後の問答を交わして、毒ニンジンの杯をあおり、死に臨んだといわれています。

 このてん末は弟子であるプラトンの著作「ソクラテスの弁明」に詳しく書かれています。
 死刑を目前にした時、ソクラテスは次の言葉を残しました。

 「単に生きるのではなく、善く生きることが大切」

« 4月14日 タイタニック号が氷山に衝突・沈没。死者1513人。 | トップページ | 5月2日 コンゴ自由国ができた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/44794239

この記事へのトラックバック一覧です: 4月27日 古代ギリシャのソクラテスが毒をあおって刑死。 :

« 4月14日 タイタニック号が氷山に衝突・沈没。死者1513人。 | トップページ | 5月2日 コンゴ自由国ができた »