« 3月24日  深海調査船「かいこう」がチャレンジャー海淵を探査(1995年) | トップページ | 3月29日 お七、火あぶりの刑 »

3月25日 平将門の命日

  今日は、平将門(たいらのまさかど)が討伐されて死亡した日です。
 平安時代の中期、西暦940年(旧暦の天慶3年2月14日)のことでした。

 平氏という姓は、平安遷都で有名な桓武天皇の孫(あるいは曾孫)にあたる高望王(たかもちおう)に授けられました。
 平将門は、その高望王の孫・平良将の子にあたります。

 当時、関東地方は平氏一族が支配する土地でした。
 将門の父・良将は下総(現在の茨城県・千葉県)に勢力をはっていた豪族で、鎮守府将軍に任命されていました。

 将門は若いころ、京都にのぼって検非違使(都の治安を守る役人)という官位につこうとしましたが、父の死によって果たせず、関東に戻りました。

 やがて、父の残した土地、その他の問題で他の平氏一族と対立の対立が深まり、あらそいになりました。
 そして叔父・平国香を殺したため、平氏一族を敵にまわしてしまいました。
 将門の軍勢は強力で、叔父・良兼を倒し、貞盛(国香の子)をも都へ敗走させるほどでした。

 こうして、将門は東国に勢力をもつ大豪族になりましたが、常陸(現在の茨城県)の国府(朝廷の出先機関でもある地方の役所)を打ち払ったため、朝廷の反乱者(敵)になってしまいました。

Taira_no_masakado_01

 朝廷から敵と見なされたあとは、京都の朝廷に対抗して独自に天皇に即位し、「新皇」を名乗りました。
 朝廷からの独立国建設をめざしましたが、藤原秀郷、平貞盛(国香の子)らにより討伐されました。
 
 平将門の乱は、同じころ、瀬戸内海で海賊として国府を襲った藤原純友の乱とともに、京都の朝廷や貴族を震え上がらせました。
 これら二つの乱は、まとめて「承平・天慶の乱」とよばれています。
 武士の発生を示すとの評価もあります。

 後世の人々は、反乱者であるにもかかわらず、将門を神として祀りました。
 これは、朝廷の厳しい支配に苦しめられていた民衆が、将門に英雄の姿を見たためかもしれません。

 平将門は、御首神社、築土神社、神田明神、国王神社などに祀られています。 

« 3月24日  深海調査船「かいこう」がチャレンジャー海淵を探査(1995年) | トップページ | 3月29日 お七、火あぶりの刑 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/44456069

この記事へのトラックバック一覧です: 3月25日 平将門の命日:

« 3月24日  深海調査船「かいこう」がチャレンジャー海淵を探査(1995年) | トップページ | 3月29日 お七、火あぶりの刑 »