« 1月5日 プロスキーヤー三浦敬三、101歳で死去 | トップページ | 1月8日 マルコ・ポーロが世を去る »

1月7日 七草粥

 今日は、「七草粥」の日です。
 日本では、古来から、春の七種をきざんで入れた七種粥を、万病を除くおまじないとして食べる習慣がありました。
 厄払いと健康を祈りつつ、今年も元気で過ごせますようにと祈ってたべましょう。

 七草は、前日の夜、まな板に乗せ、囃し歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れたといわれています。
 呪術的な意味ばかりでなく、おせち料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能があります。

 ところで「春の七草」を全部思い出せますか?
 「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、仏ノ座、スズナ、スズシロ」です。
 
 効能としては、「セリ」は消化を助け、黄疸をなくし、「ナズナ」は視力、五臓に効果があり 「ゴギョウ」は吐き気、痰、解熱に効果があり、「ハコベラ」は歯ぐき、排尿に良く、「仏ノ座」は歯痛に効き、「スズナ」は消化促進、しもやけ、そばかすに効き、「スズシロ」は胃を健康にして、咳き止め、神経痛によいといわれています。

 また、七草の日は初めて爪を切る日と言われ、セリなどを浸した水に指を入れてから爪を切れば、一年の間、爪の病からのがれると言われています。 

 秋の七草が、見て楽しむ植物なのに対して、春の七草はすべてが食用とされているというのはおもしろいですね。
 
 粥は病人食のように思われていますが、「京の白粥、大和の茶粥」「朝粥昼飛び夕雑炊」のことわざがありますように、関西では日常的に食べていたように思います。
 
 できたての熱い粥に、梅干しとか塩昆布、紫蘇、鰹でんぶを置いて食べるときの米の味と香りは何ともいえません。
 粥は簡単で、じつに美味しい料理です。
 (冷蔵庫の残り物のご飯の始末にもなります。味は落ちますが・・・)
 

« 1月5日 プロスキーヤー三浦敬三、101歳で死去 | トップページ | 1月8日 マルコ・ポーロが世を去る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/43662517

この記事へのトラックバック一覧です: 1月7日 七草粥:

« 1月5日 プロスキーヤー三浦敬三、101歳で死去 | トップページ | 1月8日 マルコ・ポーロが世を去る »