« 12月30日 フィリピン独立の英雄 ホセ・リサール銃殺される | トップページ | 1月2日 キューバ革命 »

12月31日 除夜の鐘

 大晦日になりました。大晦日の夜は、一年間の日暦(日めくり)を最後に取り除くということで除夜といわれてきました。

 1年の最後の夜を締めくくり、ゆく年を惜しむ意味で昔からいろいろな行事が行われてきました。
 その中で除夜の鐘というのがもっとも知られています。
 除夜の鐘というのは、今夜(つまり除夜)の深夜0時をはさんで、寺院でつかれる鐘のことをさしています。
 
 さて、ご存じのように、除夜の鐘は108回つかれます。
 なぜ、108なんだろうと長いこと疑問に思ったまま、この歳まできましたが、108という数字の根拠はなんでしょうか。

 人間には、眼(げん)・耳(に)・鼻(び)・舌(ぜつ)・身(しん)・意(い)の六根があります。この六根のそれぞれに好(こう:気持ちが好い)・悪(あく:気持ちが悪い)・平(へい:どうでもよい)の3つがあって6×3=18になります。
 
 この18のそれぞれに浄(じょう:きれい)・染(せん:きたない)の2つがあって、18×2=36、これに前世(過去)・現世(現在)・来世(未来)の3つの時間が関わって、36×3=108となるのです。
 これが、人間が持っている108の煩悩だといわれています。
 なお、煩悩とは、仏教の語句で、国語辞典には「人間の心身の安らぎを乱す状態」と説明されています。
 
 108回のうち107回は旧年(12月31日)のうちにつきおわり、残りの1回を新年(1月1日)につくことになっています。

 大石寺では例外的に、新年になってから1つ目をつきはじめることになっています。
 本来は108回の鐘は、除夜だけでなく毎日、朝夕につかれるべきものだそうです。しかし、現在では、ふだんは略して18回に留められています。

 こどものころから除夜の鐘を聞いてきましたが、108の正確な由来を知らなかったばかりか、最後の1つだけを新年につくということも知りませんでした。

 さて、皆さんのこの1年はどのような年でしたか。
 除夜の鐘を聞きながら1年を振り返って、良いお年をお迎え下さい。来年もよろしくお願いいたします。
 (この項、ウィキペディアを参考にしました)

« 12月30日 フィリピン独立の英雄 ホセ・リサール銃殺される | トップページ | 1月2日 キューバ革命 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/43593088

この記事へのトラックバック一覧です: 12月31日 除夜の鐘:

« 12月30日 フィリピン独立の英雄 ホセ・リサール銃殺される | トップページ | 1月2日 キューバ革命 »