« 12月11日 胃腸の日 | トップページ | 12月15日 ローマ皇帝、ネロが生まれた »

12月13日 双子の日

 今日は「双子の日」です。
 1874年(明治7年)、「双子の場合は、先に産まれた方を兄・姉とする」という太政官布告が出されたのを記念してもうけられました。

 今日の双子のテーマは、一卵性双生児について取り上げていきたいと思います。
 私の孫が一卵性双生児だからです。

 さて、日本では後から生まれた方を兄または姉、先に生まれた方を弟または妹として扱う慣習がありました。
 現行の戸籍法上は、生まれた順に記載することとなっています。
 
 双子の出産の確率は、昔から人種に関わりなく、1000組に4組の確率で一卵性双生児が誕生するというデータがあります。

 今まで多くの一卵性の双子の兄弟や姉妹を知っていますが、一卵性双生児は基本的にまったく同じ遺伝子を持っているため、顔つきは非常によくにているため、見分けがつかないという場合がよくありました。
 歌手のザ・ピーナッツやこまどり姉妹(古い話題でスミマセン)、お笑いのザ・タッチは見分けがつきにくい例ですね。

 一方、同じように育てている一卵性の双子なのに、顔つきがや性格、好み、ちがいが出てくる場合があります。
 ほんとに双子?という思いになるケースを過去に経験しました。
 私の孫がどちらかというと、この例にあたります。
 
 これは同じ遺伝子型を持ち、まったく同じDNAを持つ一卵性双生児であっても、胎児期のうちからそれぞれが独自の成長をするからだといわれています。
 脳が発達する過程も異なってくるので、出生する時にはすでに大脳皮質の形状も異なっているといわれています。

 双子の成長にしたがって、個々の双子の表現の差がしだいに広がるため、病気に対する抵抗力や外見などの差などはしだいに大きくなるようです。
 また、身体能力なども、似てはいますがそれぞれで異なってきて、学校の得意科目やスポーツの得意・不得意が分かれることも多いといわれています。
 
 さらに、一般に個人を認証する方法として、指紋とか静脈、虹彩で個人認証することができますが、一卵性双生児の場合もまったく可能で、個人認証できます。
 また顔認証でも、一卵性双生児を識別することができます。
 
 しかし、犯罪捜査などで、現在もっとも確実といわれているDNA認証では、一卵性双生児のそれぞれを個人認証することはできないようです。

 双子の孫の成長を見てきた祖父の立場から見ると、育てる親にはたいへんな苦労がともないます。
 一例ですが、授乳期には、双子ちゃんの授乳やおしめ取り替え、夜泣きの時間が交互にずれるので、夜間は、親は寝る間がないということがたびたびあったようです。
 
 祖父として遊んでやるときも、かならず平等にと心がけました。だから、同じことを2回ずつしなければならないのが苦労といえば苦労でした。
 自転車、一輪車、学習机、その他身の回りのものや学用品の購入も2つずつですから、出費も増えます。

 でも、双子ちゃんの成長がその苦労を完全に打ち消してくれています。 

« 12月11日 胃腸の日 | トップページ | 12月15日 ローマ皇帝、ネロが生まれた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/43414739

この記事へのトラックバック一覧です: 12月13日 双子の日:

« 12月11日 胃腸の日 | トップページ | 12月15日 ローマ皇帝、ネロが生まれた »