« 11月17日 レンコン(蓮根)の日 | トップページ | 11月21日 モンゴルフィエ兄弟が気球による初の有人飛行に成功 »

11月19日 シューベルトが腸チフスで世を去る

 今日は作曲家のシューベルトが腸チフスのため31歳の若さで世を去った日です。

 シューベルトは小学校経営者の子として、1797年、オーストリアのウィーン郊外リヒテンタールで生まれました。
 11歳のときにウィーン礼拝堂の少年合唱隊員となりました。ここの音楽学校で専門教育をうけたシューベルトは、このころから作曲を始めました。

 やがて声変わりをきっかけに音楽学校を離れ、父の学校の教員をしながら作曲に力を注ぎました。
 このころ「野ばら」「魔王」など、多くの歌曲と2つの交響曲を書きましたが認められませんでした。

 1816年、教員生活からのがれて友人の家に同居しました。
 しばらくの間、彼は音楽を教えることで家具類を買い増そうとしましたが、じきにやめて作曲に専念しました。
 「私は一日中作曲していて、1つ作品を完成するとまた次を始めるのです」と、訪問者の質問に答えていたほど、作曲に熱中しました。
 
 教えることをやめたシューベルトは完全なすっかんぴんでした。
 家も職もなく、ウィーンの町を転々とする生活を送るようになりますが、友人たちが暖かく援助しました。。
 このようにシューベルトは友人に恵まれていましたが、また彼は身近な仲間たちのサークルの中心的存在でもあったのでした。
 
 このような中で、庶民のかざらない情感を映しだした、親しみやすい音楽をつぎつぎに生み出していきました。
 
 1828年、シューベルトが31歳のとき、腸チフスのために生涯を閉じました。
 短い生涯の中で、実に600を越える歌曲を始め、あらゆるジャンルにわたって作品を残した天才でした。
 シューベルトのもっとも重要な作品は歌曲です。それまであまり注目されなかったこの分野を、始めて独立した音楽として完成させました。
 この功績として、彼は「歌曲の王」とよばれています。

 また、交響曲をはじめとする器楽曲でも名作を残しています。
 美しいメロディーと古典的な整った美しさ、ロマン的な叙情性にあふれていると専門家に評価されています。
 
 その中でも交響曲第8番の別名である「未完成」はとくに有名です。
 曲は第1、第2楽章までが完全に書かれており、第3楽章は9小節だけで終わっていて、未完成のままのためにこの名があります。
 彼の死後、指揮者ヘルベックによって発見されました。
 
 「未完成」は、2つの楽章ともメロディーが美しく、ロマン派音楽を代表する名曲として愛好されています。 
 ベートーヴェンの「運命」、ドヴォルザークの「新世界」とならんで三大交響曲とよばれている名曲です。、

 その他の代表作としては、歌曲集「冬の旅」、歌曲「ます」・「野ばら」・「魔王」・「子もり歌」、ピアノ曲「楽興の時」、「軍隊行進曲」などがあります。

« 11月17日 レンコン(蓮根)の日 | トップページ | 11月21日 モンゴルフィエ兄弟が気球による初の有人飛行に成功 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/43156147

この記事へのトラックバック一覧です: 11月19日 シューベルトが腸チフスで世を去る:

« 11月17日 レンコン(蓮根)の日 | トップページ | 11月21日 モンゴルフィエ兄弟が気球による初の有人飛行に成功 »