« 11月15日 岡本綺堂の誕生日 | トップページ | 11月19日 シューベルトが腸チフスで世を去る »

11月17日 レンコン(蓮根)の日

 今日、11月17日は「レンコン(蓮根)の日」です。
 これは1994年11月17日、レンコンの大産地である茨城県土浦市で、全国の蓮根産地の代表が集まって「蓮根サミット」が開催されました。
 このサミットを記念して、11月17日が「蓮根の日」として制定されました。  

 漢字では「蓮根」と書きますが、そもそも「スイレン」と「ハス」の違いがよくわからなかったので調べてみました。 

 まず、「スイレン」は水の上に咲くので「水蓮」と書くものとずっと思っていました。
 正しくは「睡蓮」です。 
 ハスに似ていて、明るくなると開き,暗くなると閉じることで,「睡る蓮」という漢字があてられたのでしょう。
 現代ではDNA鑑定で、「睡蓮(スイレン)」と「蓮(ハス)」はかなり距離を隔てた植物だとうことがわかってきました。

 「睡蓮」は花が水面に咲き、葉も浮き葉のみです。
 「蓮(ハス)」は花が水面から数cm~数10cmほど高いところに咲いて、葉は浮葉もありますが、水面より上に出る葉もあります。
 学名も別々の名がついています。
 なお、英語では、どちらもLotus(ロータス)といわれています。

 さて、レンコン(蓮根)とは「ハス」の地下茎です。
 蓮根は穴が開いているのが最大の特徴です。
 これは呼吸をする空気を取り込むためで、花の中央の穴から地下茎までずっとつながっています。

 蓮根の節から茎が伸びて水面に葉や花を出して成長します。
 「蓮の実」は砂糖漬けなどにして食べると美味しいといわれています。漢方薬の材料にも使われます。

 「蓮の実」の表面はとても硬いので、とても長い間発芽能力を維持することができるといえわれています。
 大賀博士が1951年3月に、2000年も前の縄文遺跡から見つかった蓮の実の発芽を成功させたことは、当時、「縄文蓮」と呼ばれて大きな話題となりました。

 さて、食べられる部分の80%以上が水分で、残りは炭水化物が多いです。
カリウム、ビタミンCも含んでいますが、その他の水溶性ビタミン類の含有量はわずかです。
 近年、レンコンに含まれる成分が、花粉症の治療に効果があるという発表があり、注目を集めつつあります。
 漢方薬に使われるほどですから、分析はできなくても知られざる効能があると信じています。

 また、睡蓮や蓮のことを「蓮華」とよんだことから、中華料理で使用するレンゲも、蓮華の花弁と形が似ているとしてその名前がつけられました。

« 11月15日 岡本綺堂の誕生日 | トップページ | 11月19日 シューベルトが腸チフスで世を去る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/43138183

この記事へのトラックバック一覧です: 11月17日 レンコン(蓮根)の日:

« 11月15日 岡本綺堂の誕生日 | トップページ | 11月19日 シューベルトが腸チフスで世を去る »