« 11月3日 文化の日 | トップページ | 11月6日 石田三成が斬首された日 »

11月4日 坂本弁護士一家殺害事件

 1989年の今日は、坂本堤弁護士一家がオウム真理教の幹部6人によって殺害された日です。

 坂本弁護士がオウム真理教にかかわるきっかけになったのは、子どもがオウムの出家信者になっている母親から、脱会についての相談をされたことでした。
 相談に応じてオウム真理教について調べをすすめ、オウム真理教の反社会性を批判して追及していました。
 1989年10月にオウム真理教幹部との話し合いがもたれましたが決裂していました。

 その後、坂本弁護士は、オウム真理教の宗教法人の認可取り消しなどの民事訴訟の準備に入りました。
 これを知った麻原彰晃(松本智津夫)は活動の邪魔になると考え、信者に坂本弁護士の殺害を命じました。

 自宅に侵入したオウム真理教幹部6人によって、坂本弁護士(当時33歳)、妻(当時29歳)と長男(当時1歳)が殺害されたのは、11月4日の未明のことでした。
 3人の遺体は車で運ばれ、坂本弁護士の遺体は新潟県名立町(現・上越市)の山中に、妻は富山県魚津市の僧ヶ岳に、長男は長野県大町市日向山の山中に埋められました。
 
 各地のサリン事件など国民を震撼させた事件がオウム真理教のしわざであることがあきらかになる中で、この事件の全容があきらかになってきました。
 捜索によって坂本夫妻の遺体は1995年9月6日、長男の遺体は9月10日に発見されました。
 3人が不憫に思えてなりません。
 3人は、一家の墓所である鎌倉・円覚寺「松嶺院」でいっしょに眠っています。

 さて、坂本弁護士一家が失踪した直後のことです。
 11月21日には、弁護士有志の団体として「坂本弁護士と家族を救う全国弁護士の会」が結成されています。
 私も新聞でこのときの記事を読んだことがありました。
 この会は、遺体が発見されるまでの間、日本全国でビラ配りやキャラバン活動など、救出のための活動を続けていました。

 事件を調べていると、オウム真理教についての怒りは当然のこととして、神奈川県警とTBSに対する怒りがこみ上げてきました。
 
 失踪当初、坂本弁護士が所属する横浜法律事務所の関係者は、オウム真理教の関与を強く指摘していました。
 しかし、神奈川県警は一貫して事件性を否定する立場をとり続けました。
 
 これは、横浜法律事務所が労働問題や日本共産党幹部宅盗聴事件など、警察側と対立していたためといわれています。
 あろうことか県警は、記者クラブで、「借金を抱えて失踪した」とか「大金を持ったまま逃げた」などのデマを流していて、まともに捜査をしていなかったことが判明しています。
 
 翌1990年2月に神奈川県警に一通の差出人不明の封筒が送られてきました。その内容は「長男は長野県大町市日向山の山中に埋めてある」と書かれていました。
 埋められている場所の手書きの地図も同封されていました。

 神奈川県警は長野県警と合同で示した場所を捜索しましたが遺体は発見できませんでした。(後の捜索でわかったことですが、実は数メートル離れたところに埋められていました)
 神奈川県警は、広い範囲を熱心に捜索するのでなく、早々と「警察の捜査かく乱を狙った、悪質ないたずら」と断定して、捜索も1日で終わってしまいました。

 再捜索の要望に対しても、県警側はまったく聞く耳を持たず、再捜索は検討にすら値しないと言い切りました。
  結局、実行犯の1人である岡崎が自首をしたことで、事件の真相が明らかになるまで神奈川県警は一切の捜査をしませんでした。

 現場の状況が失踪・夜逃げとは考えられない状況であったにもかかわらず、まともに捜査しなかったことが事件の長期化につながりました。
 さらに、坂本弁護士が労働運動に関わっていたということへの反発を神奈川県警が持っていたこと、つまり警察が思想・信条で国民を差別していたことが大きな批判をうけました。

 TBSビデオ問題というのがあります。
 坂本弁護士一家が殺害される約1週間前の10月26日のことです。
 東京放送(TBS)の番組で「3時にあいましょう」というワイドショーがありました。
 社会問題化し始めていたオウム真理教の問題について、ワイドショーで取り上げるにあたり、坂本弁護士のインタビューを収録していました。
 
 不思議なことに、その情報をオウム真理教がなぜか察知しました。
 オウム真理教幹部らがTBSに抗議したことによって、坂本弁護士のインタビューは放送中止になりました。
 さらに、TBSは抗議にきたオウム真理教幹部に、インタビューのようすを放送直前に見せているのです。 
 
 この約1週間後、11月4日に坂本弁護士一家が殺害されました。
 TBSの問題点は2つあります。
 
 1つ目は、取材源の秘匿というジャーナリズムの原則に反していること、それだけでなく殺人事件のきっかけをつくったことです。
 2つ目は、坂本弁護士一家が行方不明になって、事件が報道されているにもかかわらず、オウム真理教にビデオを見せたことを警察や弁護士会に伝えなかったことです。TBSはオウム真理教をかばい続けたことになります。
 
 TBSは、その後も、番組中の「やらせ」や「ねつ造」、収録中の事故、発言の「改編や一部抜き取りによる歪曲」など問題の多い放送局ですが、罪もない善良な市民の殺害にも結果的に荷担していたのです。

« 11月3日 文化の日 | トップページ | 11月6日 石田三成が斬首された日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/43015286

この記事へのトラックバック一覧です: 11月4日 坂本弁護士一家殺害事件:

« 11月3日 文化の日 | トップページ | 11月6日 石田三成が斬首された日 »