« 10月13日 グリニッジの世界標準時が定められた | トップページ | 10月15日 新渡戸稲造が永眠 »

10月14日 鉄道の日

 新暦の1872年10月14日は、新橋液と横浜駅の間で、日本で始めて鉄道が開業した日です。
 当時の新橋とは後の汐留貨物駅(廃止)のことで、横浜駅は現在の桜木町駅のことです。
 ”汽笛一声 新橋を・・・”の新橋は、今の新橋ではありませんね。

 この日を記念して、1922年に「鉄道記念日」として制定されましたが、1994年に「鉄道の日」と改称され、JR以外の民間鉄道も巻き込んだ記念日となりました。

 さて、鉄道が文明にとっていかに大切なものであるかということを訴えたのは福沢諭吉でした。江戸時代の末に書かれた「西洋事情」をいう書物の中で、蒸気車について説明しています。
 
 鉄道を建設するにあたり、技術面でも資金面でも、日本だけの力ではできませんので、イギリスの援助をうけました。
 さて、まず、線路の幅を広軌にするか、狭軌にするかが問題になりました。
 イギリスの技術者は、自分の経験を生かしたい思いから狭軌(1067mm)を主張し、日本側代表の大隈重信は「日本は国土が狭いから、線路は狭くてもいいだろう」ということで狭軌になったということです。
 現在のJR在来線は、この時以来、狭軌になっています。

 開業した区間は約29kmで、この区間を53分で走りました。東京湾の汽船を使うより、2時間も短縮されました。
 陸蒸気(オカジョウキ)とよばれた機関車、客車、レール、燃料の石炭などはイギリス製でした。
 レールの下におく枕木も、イギリスから鉄製のものを輸入する予定でしたが、今後の鉄道建設のことを考えると、加工しやすい日本の材木に変更になりました。
 当初から国産を予定していたのは、ボイラーの中の”水”だけでした。

 また、全区間の運賃は、3階級に分かれていました。上等が1円12銭5厘、中等が75銭、下等が37銭5厘でした。
 当時の米の値段が、下等運賃の金額で米が5升半(約10kg)も買えるほど高額なものでした。
 また、鉄道員には士族が多かったため、乗客への態度は横柄なものであったといわれています。

 こうして、鉄道の歴史が始まりましたが、軍事上の必要もあって、またたく間に全国に広がり、大都市近郊の私鉄も発達し、今日では世界有数の鉄道国になりました。
 
 今日の「鉄道の日」をきっかけに、安全で快適な、そして低運賃の鉄道に向かって経営努力をしてほしいものです。

« 10月13日 グリニッジの世界標準時が定められた | トップページ | 10月15日 新渡戸稲造が永眠 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/42803410

この記事へのトラックバック一覧です: 10月14日 鉄道の日:

« 10月13日 グリニッジの世界標準時が定められた | トップページ | 10月15日 新渡戸稲造が永眠 »