« 10月23日 東京オリンピックで「東洋の魔女」が金メダルを獲得 | トップページ | 10月25日 広島「原爆の子の像」モデル、佐々木禎子の命日 »

10月24日 ノルマントン号事件

 1886(明治19)年の今日は、「ノルマントン号事件」がおこった日です。
 小学校・中学校の社会科の教科書でかならず習う事件ですので、おぼえている方も多いことでしょう。
 フランス人画家ビゴーが、イギリス人が乗ったボートの横で、日本人が波間に顔だけ出してプカプカ浮いている風刺画を描いています。

 イギリス船籍の貨物船・「ノルマントン号」は、横浜を出航して神戸に向かっていたところ、暴風雨により紀州の大島沖(潮岬沖)で暗礁に触れ、船体が大破して沈没してしまいました。
 「ノルマントン号」に乗っていたのは、乗員乗客あわせて64人でした。
 内訳はイギリス人船員25名、イギリスの植民地(インド・中国など)の船員14名、日本人乗客25名でした。(人数については異説あり)

 ところが、イギリス人船員全員は救命ボートで避難していたため救助されました。日本人乗客と植民地の船員の全員が水死しました。
 このことは船長が適切な避難誘導をせずに、乗客である日本人を取り残したのではないかとの疑念から当時の世論が沸騰しました。
 
 残念なことですが、当時は外国人に治外法権があり、日本側に裁判権がないために、十分満足できる検証が得られませんでした。外国人が日本国内で犯罪を犯しても、日本の裁判所が外国人を裁くことができませんでした。
 江戸幕府が、幕末にアメリカ・オランダ・ロシア・イギリス・フランスと調印した安政5カ国条約(修好通商条約)のためです。
 
 このため、ドレーク船長は、イギリス領事の裁判を仰ぐこととなりました。
 神戸のイギリス領事による裁判で、ドレーク船長は、「船員は救命ボートに移るように説明したが、日本人乗客は船内に籠もって出ようとしなかったのでやむなくそのままにした。ノルマントン号は貨物船なので、日本語が話せる乗客向けのスタッフはいない。」という証言しました。
 判決では、ドレーク船長らイギリス人船員全員が無罪となりました。

 イギリス人全員が無罪となった事実を知って、全日本国民の怒りが爆発しました。
 その後、国民の反発に押された日本政府の抗議により、再審理がなされ、船長のみに禁錮3ヶ月の刑が言い渡されました。
 
 この事件以降、不平等条約改正の動きが高まりました。
 「ノルマントン号事件」は、領事裁判の不当さを日本人に痛感させた事件として歴史に残るものになりました。
 
 条約改正は、結局は、ロシアの極東進出の対抗するイギリスの思惑で、1894年に、日英通商航海条約が締結されて、「治外法権が撤廃」されることになりました。

 なお、もう一つの不平等条約である、「関税自主権がない」ことについては、日露戦争後の1911年、アメリカとの交渉で関税自主権を回復して懸案の条約改正が完了しました。

« 10月23日 東京オリンピックで「東洋の魔女」が金メダルを獲得 | トップページ | 10月25日 広島「原爆の子の像」モデル、佐々木禎子の命日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/42893037

この記事へのトラックバック一覧です: 10月24日 ノルマントン号事件:

« 10月23日 東京オリンピックで「東洋の魔女」が金メダルを獲得 | トップページ | 10月25日 広島「原爆の子の像」モデル、佐々木禎子の命日 »