« 10月29日 凌雲閣(浅草十二階)が竣工 | トップページ | 11月1日 紅茶の日・・大黒屋光太夫が日本人で始めて紅茶を口にした日 »

10月31日 ハロウィン

 今日はハロウィンの日です。
 ハロウィンは、キリスト教の聖人の祝日「万聖節」の前晩に行われる伝統行事です。

 もともとは古代ヨーロッパの原住民であるケルト人の収穫感謝祭がカトリックに取り入れられたものでした。
 イギリスなどアングロ・サクソン系諸国でおもに行われる行事で、地域性が強く、キリスト教会とは不可分の行事ではありません。
 キリスト教が広まっている地域であれば必ず祝われると行事ではありません。

 さて、ケルト人の1年の終わりは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていました。
 これらから身を守るために仮面を被り、魔除けの焚火を焚いたりしました。

 もともとは白色のカブをくりぬき、刻み目を入れ、内側からろうそくで照らしてたもので「お化けカブ、カブちょうちん」を作っていました。
 「お化けカボチャ」は、アメリカへ渡った移民たちが、カブよりも刻みやすいカボチャを使っていたので、それで広がりました。
 ハロウィンを祝う家庭では、カボチャを刻んで怖い顔や滑稽な顔を作り、悪い霊を怖がらせて追い払うため、ハロウィンの晩、家の戸口の上り段に置きます。

 10月31日の夜、魔女やお化けに仮装した子供たちが「お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ」と唱えて、近くの家を1軒ずつ訪ねてお菓子をもらいます。
 家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりします。

 ハロウィンのテーマは本来、不気味なものや怖ろしいもので、死霊、不死の怪物、黒魔術、怪物などが含まれます。
 ただし、最近はおどろおどろしいモチーフは廃れてきて、仮装のモチーフとしては、妖精や野菜など愛らしいものが好まれるようになりました。
 日本では、幽霊やお化けが出る怪談は夏が多いですが、この地域ではハローウィンの時期、つまり秋に出てきます。

 日本でのハロウィンは、英語教材やアメリカの映画(E.Tなど).・テレビなどを通じて、アメリカの子供たちの行う行事として知られてきました。
 首都圏の一部では盛んになってきました。内容は、仮装パレードの形式をとることが多くなっています。
 
 近年、東京ディズニーランドや東京ディズニーシー、ユニバーサルスタジオジャパンで日本人がハロウィンに接する機会が増え、クリスマスと同じような盛り上がりを見せ始めています。

 クリスマスのように宗教色を抜いて、お祭り的な行事に作り変えることが得意な日本人。ハロウィンはこれからどうなっていくのでしょうか。

« 10月29日 凌雲閣(浅草十二階)が竣工 | トップページ | 11月1日 紅茶の日・・大黒屋光太夫が日本人で始めて紅茶を口にした日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/42957053

この記事へのトラックバック一覧です: 10月31日 ハロウィン:

« 10月29日 凌雲閣(浅草十二階)が竣工 | トップページ | 11月1日 紅茶の日・・大黒屋光太夫が日本人で始めて紅茶を口にした日 »