« 9月8日 湯川秀樹の誕生日 | トップページ | 9月10日 映画「羅生門」がベネチア国際映画祭で金獅子賞 »

9月9日 重陽の節句(菊の節句)

 「重陽(ちょうよう)」とは五節句の一つで、今日9月9日のことです。

 旧暦では菊が咲く季節であることから「菊の節句」とも呼ばれています。
 ちなみに五節句とは、「人日(じんじつ)(1月7日)」・「上巳(じようし)(3月3日)」・「端午(たんご)(5月5日)」・「七夕(7月7日)」・「重陽(9月9日)」の5つです。
 節句の名には桃、菖蒲、そして秋の菊と季節を代表する花が配されています。

 重陽の節句は中国から伝来した祭日です。
 中国の陰陽思想では、奇数は陽の数であり、陽の数の一番大きな数字の9が重なる日なので「重陽」と呼ばれていました。この9が二つ重なる9月9日は大変めでたい日とされていました。

 ただし、もともとは奇数の重なる月日は陽の気が強すぎるため不吉とされ、それを払う行事として節句が行なわれていました。とくに9は素数として最大の「陽」であり、特に負担の大きい節句と考えられていました。
 後になって、陽の重なりを吉祥とする考えに変化していって、祝い事をする日となったものです。

 邪気を払う一方、長寿を願って、菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わして祝ったりしていました。
 また前夜、菊に綿をかぶせておいて、露を染ませ、身体をぬぐうなどの習慣があったようです。

 しかし、現在では、他の節句と比べてあまり実施されていません。それは、明治時代初めに新暦に切り替わって、季節感が変わったからでしょう。
 現代人が、9月9日は「菊の節句」といわれてもピンときませんね。
 
 もともとは新暦の10月が旧暦の9月で、菊の盛りに重陽の節句がありましたが、 現代では、忘れ去られた節句となってしまいました。
 知らない人が多いのではないでしょうか。

« 9月8日 湯川秀樹の誕生日 | トップページ | 9月10日 映画「羅生門」がベネチア国際映画祭で金獅子賞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/42418589

この記事へのトラックバック一覧です: 9月9日 重陽の節句(菊の節句):

« 9月8日 湯川秀樹の誕生日 | トップページ | 9月10日 映画「羅生門」がベネチア国際映画祭で金獅子賞 »