« 9月11日 剛速球の怪童・尾崎行雄の誕生日 | トップページ | 9月13日 杉田玄白の誕生日(旧暦) »

9月12日 マラソンの日

 今日は、「マラソンの日」です。 マラソン競技の名前のおこりになったマラトンの戦いがおこった日です。

 マラトンの戦いは古代ギリシャのアテネと古代ペルシャとの間でおきた戦いです。紀元前450年、マラトンに上陸したペルシャの大軍をアテネの奇策でこれを撃退しました。
 この結果を伝令のフェイディピデスという兵士がアテネの城門まで走りに走って、「喜べ、勝った」と勝利を告げたまま絶命したという故事が残っています。

 1896年、第1回オリンピックがアテネで開かれるにあたって、この故事をしのんでマラトンからアテネ競技場までの競走が加えられ、初めてのマラソンが行われました。
 マラトンの英語読みがマラソンになります。

 それにしても中途半端な距離ですね。42.195キロという距離はどのようにして決められたのでしょうか。
 私は、アテネとマラトンの実際の距離を測ってきめたものではないかなと思っていました。しかし、マラトン~アテネ間の実際の距離は36.750キロしかないそうです。
 実は、その距離は後で考えられたものだったのです。  
 
 1908年、イギリスでおこなわれたロンドン大会までは、マラソンの距離は40キロ前後というぐらいにしか決められていませんでした。
 ロンドン大会では、42キロの予定で準備が進んでいました。

 しかし、時のイギリス女王アレクサンドラが横ヤリを入れました。
 本人または子や孫たちがスタート地点もしくはゴール地点を見やすいように変更を求めてきました。
 当時、まだアメリカをしのぐ世界一の強国の女王の要求です。
 横ヤリを受け入れた結果、スタート地点か、ゴール地点を延長しましたので、その分の距離195mほど長くなりました。どちらを延長したのかは2論ありました。
 こうして、この年のマラソンの距離は「26マイル385ヤード(約42.195キロ)となったということです。

 オリンピックのマラソンはその後はだいたい25マイル前後で、開催地の都市の状況に合わせて微妙にちがっていました。
 ところが、1921年の国際陸上競技連盟の会議で、「ロンドン・オリンピックのときの距離を正式な距離として採用する」と決定されたそうです。
 第1次世界大戦の戦勝国・イギリスの国威が感じられます。

 なお、フルマラソンの距離を測定するときは、規定によって巻き尺を使用して人間の手で計測されています。使用される巻き尺は、ワイヤー製の巻き尺です。
 原則として計測するのは、歩道から1メートル離れた車道の上を計測します。
 
 この計測法が必ずしも正確というワケではなく、長かったり、短かったりしたことがあったそうです。ボストンマラソンでは1.085mも短かったこともあり、逆にイギリス・ウィンザーマラソンでは196mも長かったこともあったそうです。

 なお、マラソンには世界新記録という記録はないそうです。
 マラソン大会が、開催された場所や季節によって条件が変わってしまうので、記録を更新した時には「世界最高記録」というのだそうです。

« 9月11日 剛速球の怪童・尾崎行雄の誕生日 | トップページ | 9月13日 杉田玄白の誕生日(旧暦) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/42449048

この記事へのトラックバック一覧です: 9月12日 マラソンの日:

« 9月11日 剛速球の怪童・尾崎行雄の誕生日 | トップページ | 9月13日 杉田玄白の誕生日(旧暦) »