« 9月29日 招き猫の日 | トップページ | 10月1日 コーヒーの日 »

9月30日 クルミの日

 今日は「クルミ(胡桃)の日」です。
 「ク(9)ルミ(3)は丸(0)い」の語呂合せで、9月30日です。

 クルミの原産地はヨーロッパ南西部からアジア西部とされ、北半球の温帯地域に広く分布しています。
 生産はアメリカのカリフォルニア州と中国が多く、国内では長野県東御市(旧東部町)が「クルミ」の生産量が日本一です。
 古くから知られていて、紀元前7000年前から人類が食用にしていたと言われています。

 非常に硬いために、簡単には割れません。
 そのために専用のクルミ割り機もあります。手のひらにクルミを握り込んで転がすのが握力の鍛錬になるとか、老化の防止になるなどの効用もあります。

 木材としては、日本国内でも「ウォールナット」で通用しています。
 カナダなどで産出され、チークやマホガニーと共に世界三大銘木のひとつに数えられています。
 木質は、衝撃に強く、強度と粘りがあり、また狂いが少なくて加工しやすいという特性を持っています。
 落ち着いた色合いと重厚な木目から高級家具材や工芸材に用いられてきました。
 
 さて、よく知られているように、「クルミ」には、食物繊維、炭水化物、タンパク質、カルシウム、ビタミンB1、ビタミンE、鉄分、ミネラルなどが豊富にふくまれています。
 「クルミ」を食べると満腹度が増しますので、ダイエットの効果が出やすいという報告もあります。
 おなかにやさしく、美容効果、さらには老化防止効果もあり、女性にはうれしい食べ物ですね。
 失礼! 男性にもうれしい食べ物でした。

 また、心臓によい必須脂肪酸の一種を豊富に含んでいますので、現代病にもたいへんな効果を発揮できることがわかってきました。
 ほんの少々の「クルミ」でも、長く食べ続けることによって、コレステロールの低下や抗炎症作用以外に、血中コレステロール値を下げ、心臓病、動脈硬化といった生活習慣病の予防に大きな健康効果を示すことが証明されています。

 さらに、肉のタンパク質の代わりになるような良質なタンパク質が、「クルミ」に豊富にあろうとは知りませんでした。
 「クルミ」のタンパク質は、消化されやすく、「植物性の卵」ともいわれているそうです。

 また、「クルミ」にはメラトニンが豊富に含まれています。
 メラトニンは脳から分泌されるホルモンで、体内時計の調節に関係している成分ですが、抗酸化作用があるため、抗ガン作用があります。
 胃の粘膜を保護したり、抗ストレス作用も期待されています。
 メラトニンは、アルツハイマー病や心臓や血管の疾患を抑制する働きも期待されるようです。

 7月22日が「ナッツの日」ですので、当ブログでも「クルミ」と「アーモンド」を少し取り上げました。
 その日以来、「ナッツ」の詰め合わせをスーパーで買ってきてせっせと食べています。これからも「クルミ」は欠かせないですね。

 ただ、古くなったナッツのカビは、かなり強い発ガン性があることを今回知りましたので、気をつけたいと思います。

 手元の資料では、クルミについての詳細がわからなかったので、インターネットで「クルミの栄養」について調べていましたら、良いサイトが見つかりました。

カリフォルニアくるみ協会のホームページ(スミマセン。勝手にリンクしました)

« 9月29日 招き猫の日 | トップページ | 10月1日 コーヒーの日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/42636853

この記事へのトラックバック一覧です: 9月30日 クルミの日:

« 9月29日 招き猫の日 | トップページ | 10月1日 コーヒーの日 »