« 9月14日 シャンポリオンがロゼッタストーンのヒエログリフを解読 | トップページ | 9月16日 モース博士が大森貝塚を発見 »

9月15日 「老人の日」で、2008年度の「敬老の日」

 2008年度の今日は「敬老の日」で、国民の祝日の一つになっています。

 2002年までは、毎年9月15日を「敬老の日」としていましたが、祝日法の改正(いわゆるハッピーマンデー制度の適用)で、翌年からは9月の第3月曜日となりました。
  なお、「敬老の日」を第3月曜日に移すにあたって、9月15日を「老人の日」としました。

 そもそもの由来は、兵庫県の野間谷村(現在の多可町)が、1947年から始めた「としよりの日」にあります。
 「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と、9月15日を「としよりの日」と定め、敬老会を開いてきました。これが兵庫県全体で行われるようになり、後に全国に広がっていきました。
 その後、「老人の日」となり、1966年には「敬老の日」として国民の祝日になりました。
 
 また、9月の第3月曜日に変更されましたので、9月20日や21日が「敬老の日」となるケースが発生することになりました。
 祝日法では「前後を祝日に挟まれる平日は国民の休日」と見なされます。そのため、「敬老の日」と秋分の日が、9月20日と22日、もしくは9月21日と23日になる場合、「敬老の日」の前日の日曜日から4連休、週休2日制であれば5連休となります。
 
 そうなれば春の「ゴールデンウィーク」のような大型連休(「シルバーウィーク」?)が誕生するともいわれています。
 実は、このケースが最初に発生するのは来年2009年です。来年の「敬老の日」が9月21日で、秋分の日は9月23日ですので初の5連休(4連休)になります。
 次いで2015年、2026年に発生する見込みです。

 さて、祝日法では、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを「敬老の日」の趣旨としていますが、近年の老人をとりまく環境は、趣旨とは裏腹にきびしいものがあります。
 
 私自身も長寿を祝われる入り口に立っていますから、深刻です。兄弟にも、友人にも老人がたくさんいます。
 病院通いができる体力があればまだしも、入院中の介護が必要な老人でさえ病院から追い出されて、自宅で体力が弱った配偶者に介護されているケースや、配偶者がいない場合の孤独死、自殺のニュースも報道されています。
 ほんとうに老人が「敬愛」されているのかといいたいです。

 さらに追い打ちをかけているのが「後期高齢者医療制度」だと思います。私のまわりでも批判が高まっています。こんなに不人気なのに、なぜやめないのでしょうか。
 
 さて、知っている人は少なくなりましたが、1970年代、「老人医療費無料」の時代がありました。
 東北地方の小さな村のしくみが、東京・大阪をはじめ、全国に広がったのです。国民の声に圧されて、国でも実施されました。
 これは約10年間続きました。
 
 しかし、80年代から政府は、老人医療費の有料化に逆戻りさせてしまいました。
 そのころ、大蔵大臣経験者(故人)が、「長生きにはコストがかかる。出したかない人は早く死んだ方がいい」といい放ちましたが、この考えが実行されていると思えてなりません。
 
 老人の医療費の負担が大きくなるということは、介護する若い世代の人々の負担も大きくなるということです。
 若い人たちの中には、「老後の問題は、老人だけの問題ではない。」「自分の老後はどうなる?」と、老後の生活に不安をかきたてられている人が急速に増えているそうです。

 「敬老の日」の趣旨通りの社会になってほしいものです。
 今日はいささか興奮して書いてしまいました。

« 9月14日 シャンポリオンがロゼッタストーンのヒエログリフを解読 | トップページ | 9月16日 モース博士が大森貝塚を発見 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/42490831

この記事へのトラックバック一覧です: 9月15日 「老人の日」で、2008年度の「敬老の日」:

« 9月14日 シャンポリオンがロゼッタストーンのヒエログリフを解読 | トップページ | 9月16日 モース博士が大森貝塚を発見 »