« 8月20日 豊臣秀次が切腹  | トップページ | 8月22日 チンチン電車の日 »

8月21日 献血の日・献血記念日

 今日は、「献血の日・献血記念日」です。
 1964年のこの日、すべての輸血用血液を「献血」によって確保する体制を確立するよう閣議で決定されたことをきっかけに、この記念日が制定されました。
 
 ちなみに、「献血」とは、輸血や血液製剤を製造するために、無償で血液を提供することです。
 現在、日本では日本赤十字社がすべて手がけており、提供された血液は感染症の検査の後、各医療機関へ提供されています。  

 私の少年時代、貧しい労務者風の男が、道ばたで意識を無くし、そのまま死んでいたというニュースを見たことがあります。当時はどうしてもお金がないとき、血を売って収入を得ていたということを聴いたことがありました。
 
 1960年代には、まだ感染症の検査が不十分で、売血者の血液は肝炎のウイルスに汚染されていました。
 血液を買い取る血液銀行も商業主義(儲け優先)のため、売血者に負けずモラルは低いものでした。また売血者集めは暴力団の資金源でもありました。

 結果としてウイルスに汚染された輸血用血液によって医療現場では輸血後に肝炎が頻発していました。
 一説には、輸血時に肝炎を併発するリスクは4~5人当たりに1人もあったとされていました。当時の医師達の中には、これを手術の際には当然おこるリスクとして考えていた人もいたほどです。
 輸血後に肝炎になるのはあたりまえに近かったのですね。
 この話、確か中学校の保健の授業で聞いたことあります。  

 そのような状況の中、1964年、アメリカのライシャワー駐日大使が刺されるライシャワー事件がおきました。大使は一命をとりとめましたが、手術時の輸血により、肝炎を発症したことが明らかになりました。
 
 この事件をきっかけに黄色い血追放キャンペーンが張られました。
 こうした動きにより、提供者のモラルが期待できる「献血制度」へと血液行政は大きく替わっていきました。
 5年後の1969年に売血が終息しています。

 5年後の1969年には売血が終息しているはずですが、現実には表だった売血が減っただけで、血液の貯金ともいえる預血制度を悪用した売血は続いていたのです。
 血液銀行から売血者に渡される預血証書が売買されたりしました。預血制度が廃止され、輸血用血液が完全に献血によるものに切り替わったのは1974年のことです。

 しかしまだまだ続きがありました。
 血液製剤の原料の確保は、製薬会社によって供血者に対して有償で行われていました。つまり売血がまだ続いていたことになります。
 原料になる血液を最後まで有償で確保していた(つまり売血行為を続けていた)のはミドリ十字と日本製薬でした。

 なお、業界トップ企業としても知られているミドリ十字は、薬害エイズ事件を引きおこしています。また薬害肝炎の原因となったフィブリノゲン製剤の主要な製造企業としても知られています。
 ミドリ十字は1990年7月27日、日本製薬は9月21日に有償での血液確保を終了しています。  

 いずれにしても、人間の血液に代わる人工血液はまだ開発されていないのですから、輸血には人の血液を使用せざるをえません。 
 安心して輸血を受けることができるように、汚染されていない輸血用血液の確保を切実に望みます。 
 
 輸血の事故をよく耳にしますので、昨年9月、私が胃癌の手術をしたときも、緊急時の輸血の承諾書のサインには最後まで渋っていました。
 でも、輸血をしなくても済んだのでホッとしました。

« 8月20日 豊臣秀次が切腹  | トップページ | 8月22日 チンチン電車の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/42226536

この記事へのトラックバック一覧です: 8月21日 献血の日・献血記念日:

« 8月20日 豊臣秀次が切腹  | トップページ | 8月22日 チンチン電車の日 »