« 8月31日 野茂英雄の誕生日 | トップページ | 9月2日 宝くじの日 »

9月1日 防災の日-関東大震災がおこる-

 今日は、防災の日です。
 1923年9月1日におきた関東大震災にちなんで制定された記念日です。

 9月1日は、その年にもよりますが、二百十日になることが多く、「災害への備えを怠らないように」との戒めを込めて、伊勢湾台風が襲来した翌年の1960年に制定されました。 
 「防災の日」となってからは全国各地で防災訓練が行われています。

 そもそも関東大震災とはどのような震災だったのでしょうか。 
 相模湾を震源とするマグニチュード7.9の海溝型の大地震でした。発生したのは1923年(大正12年)9月1日午前11時58分のことでした。
 死者・行方不明者は約14万人。負傷者は約10万人以上、避難人数は190万人以上、住家全壊は13 万戸弱、住家焼失は約45万戸といわれる未曾有の大被害をもたらしました。  
 
 9月1日は2学期の始業式でした。学校から帰ってきて腹を空かせた子どもらは昼ご飯を待ち望んでいたことでしょう。
 どの家庭も釜でご飯を炊き、鍋をのせた七輪で食事の用意をしていたことでしょう。釜や七論からは炭火や薪の炎が見えています。 
 
 ちょうどこの時、家が揺れ、釜や七輪の上にふすまや障子、屋根が崩れてきましたので、あちこちから火の手が上がり、わかっただけでも136件の火災がおこりました。 
 加えて台風が能登半島付近を通過中で、関東地方に強風が吹いていました。この強風にあおられて、火災は渦を巻き起こしながら広まり、東京市中をなめ尽くし、鎮火したのは2日後の9月3日午前10時ごろとされています。

 そのため、逃げまどう市民の多くは焼死したり、または火から逃れるために隅田川などに飛び込んで溺死しました。
 浅草の12階建ての凌雲閣が大破し、大蔵省、文部省、警視庁などの建物や、帝国劇場、三越日本橋本店など、多くの使節が焼失しました。

 東京の被害が多く語られていますが、震源に近かった横浜市の被害も甚大でした。官公庁やグランドホテル・オリエンタルホテルなどの石造・煉瓦作りの洋館は一瞬にして倒壊しました。内部にいたものは逃げる間もなく圧死しています。
 
 なお、東京の中央気象台の観測によると、9月1日21時ごろから異常な高温となり、翌2日の未明には最高気温46.4度を観測しています。
 このあと大規模な火災が気象台に迫り、ついに気象台の本館も焼失してしまいました。

 あまり知られていませんが、津波の発生による被害もおきています。
 津波は相模湾と房総半島の沿岸で発生し、高さ10m以上の津波が記録されています。
 神奈川県の根府川駅では、その時ちょうど通りかかっていた列車が駅舎・ホームもろとも土石流に巻き込まれて海中に転落し、100人以上の死者を出したといわれ、さらに村も山崩れにより壊滅したということです。

 このような大被害が発生したときに、当時、決定的に不足していたのは通信・交通手段の不足、つまり情報不足でした。 
  通信・交通手段が途絶したため、正確な情報が国民に届けられない状態でした。(ラジオ放送の実用化はこの直後、大正末期のことです。) 

  新聞紙上では「東京(関東)全域が壊滅・水没」・「津波、赤城山麓にまで達する」・「政府首脳の全滅」・「伊豆諸島の大噴火による消滅」などといった噂やデマが取り上げられました。
 その中には「朝鮮人が暴徒化した」「井戸に毒を入れ、また放火して回っている」という悪質なものもありました。

 このためパニック状態におちいり、噂やデマを信じる日本人が多く、朝鮮人・中国人、そして間違われた日本人、聾唖の障害者などの貴重な命が奪われることになりました。
 関東大地震という自然災害のなかで、このような悲惨な事件があったことを忘れてはならないとおもいます。

 防災そのものに対する取り組みを強化することは当然ですが、一方で、情報伝達手段の確保と、公正で正確な情報の公開がなによりも大切だとおもいます。  

« 8月31日 野茂英雄の誕生日 | トップページ | 9月2日 宝くじの日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/42341808

この記事へのトラックバック一覧です: 9月1日 防災の日-関東大震災がおこる-:

« 8月31日 野茂英雄の誕生日 | トップページ | 9月2日 宝くじの日 »