« 8月22日 チンチン電車の日 | トップページ | 8月24日 ヴェスヴィオ火山噴火、ポンペイ埋没 »

8月23日 白虎隊の日

 1868(明治元)年8月23日は、会津藩の白虎隊が飯盛山で自刃した日です。
 したがって今日は「白虎隊の日」といわれています。

 さて、会津藩(今の福島県の西部)の会津松平家(藩主:松平容保)は御三家につぐ家格を持っていました。
 幕府の力が衰えると、京都の警備のために京都守護職が創設されましたが、幕府の重臣たちはその困難な職を松平容保に強引に引き受けさせました。
 会津藩では反対意見が多数をしめており、松平容保も固持していたにもかかわらず、会津藩は薩長などの倒幕勢力の矢面に立たされてしまったのです。
 
 1868(慶応4)年1月、ついに薩長を主力とする新政府軍と旧幕府軍のあいだで戊辰)戦争が始まり、全国に拡大しました。
 
 会津藩の軍制は年齢別に編成され、玄武・青龍・朱雀・白虎という隊名がつけられていました。玄武隊は50歳以上、青龍隊は36歳から49歳、朱雀隊は18歳から35歳、白虎隊は16,17歳の隊士でした。

 「白虎隊」は約340名おり、身分別に5隊に分けられていました。
 この中の上級武士の子弟で構成されていた42名が、この年8月23日(旧暦)に猪苗代湖近くの戦闘で敗退し、死傷者を出しました。
 そのうちの20名が飯盛山に逃れてきましたが、飯盛山から眺めた戦闘による市中の火災の模様をみて、若松城が落城したものと誤認して自刃したのです。

 実際には城は落ちておりませんでした。
 残った白虎隊の隊士は、その後1ヶ月の籠城戦を経て、最終的には新政府軍に降伏しました。
 20名が自刃しましたが、実際は1名が農民により助けられています。
 飯沼貞吉です。
 飯沼の生還により、後年、飯沼貞吉を含む20名が落城したと誤認して自刃していたことがあきらかになりました。
 
 飯沼貞吉の遺骨の一部は、遺言により飯盛山に埋葬されましたが、生き残った飯沼に対して、武士としての最期を遂げず生き恥をさらしたとして非難する声もあります。そのため、飯盛山の墓は他の隊士の墓から離れたところに建てられているそうです。

 なお、飯沼貞吉の生還により明らかとなった誤認による自刃ばかりが「白虎隊」としてとりあげられ、何度も映像化されて、英雄化されてきました。
 今回、資料を調べてみて、実際には全体の8割以上の若者が生き延びていたということを知りました。
 このことは一般に知られていないことではないでしょうか。

 籠城戦で降伏した隊士には、新しい時代に向けて、追い腹を切ることが禁じられたのではないかといわれています。
 幕末の新撰組とか白虎隊とかは、個人的には好きではないのですが、生き残って世の中のためにつくした「白虎隊」の隊士もいるという側面も付け加えた「白虎隊ドラマ」はできないものでしょうか。

« 8月22日 チンチン電車の日 | トップページ | 8月24日 ヴェスヴィオ火山噴火、ポンペイ埋没 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/42242623

この記事へのトラックバック一覧です: 8月23日 白虎隊の日:

« 8月22日 チンチン電車の日 | トップページ | 8月24日 ヴェスヴィオ火山噴火、ポンペイ埋没 »