« 8月15日 ポツダム宣言受諾を発表 | トップページ | 8月17日 パイナップルの日 »

8月16日 京都・五山送り火

 京都の「五山送り火」は、毎年8月16日に、如意ヶ岳(大文字山)などで行われます。
 「五山送り火」は、京都の夏の夜空を焦がす、かがり火による宗教的な伝統行事です。
 五山で炎が上がり、ふたたび冥府にかえる精霊を炎とともにあの世へ送りとどける行事であるとされています
 
 「葵祭」・「祇園祭」・「時代祭」とともに京都4大行事の一つです。
 
 送り火としては東山の大文字山(如意ケ嶽)の「大文字」がもっともよく知られています。したがって、送り火の代名詞のごとくいわれ、「大文字の送り火」と呼ばれることがあります。
 大文字山(如意ケ嶽)の地元では、古くから山そのものを「大文字さん」と呼ぶ人が多いそうです。

 「大文字」のほかに金閣寺大北山の「左大文字」、松ヶ崎西山(万灯籠山)・東山(大黒天山)の「妙・法」、西賀茂船山の「船形」、および嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」があります。
 これらが、今夜、20時ごろから相前後して点火されます。

 以前は点火していたとされる送り火があります。
 「い」とか 「一」とか 「蛇」とかの文字の送り火も他の山でありましたが、戦後になって、現在の五山に減少しました。このころから「五山送り火」という名が生まれました。

 大文字に代表される「五山送り火」の起源については、それぞれ多くの俗説がありますが確実なことはわかっていません。
  一般庶民も含めた年中行事として定着するようになったのは室町時代から江戸時代以後のことであるといわれています。
 
 私は、毎年、点火されて燃え上がっていくところをテレビで見ています。
 一度この目で見たいとは思っていますが、マンションやビルの屋上からならよく見えそうですが、電車に乗っていくような観光客にも見えるかどうか心配で、今年も行けそうにありません。

 京都には、京都市眺望景観創生条例というのがあって、この条例にもとづいて、各五山への「しるしへの眺め」が損なわれないように建築物に規制が課せられています。
 ですから、建造物による眺望の妨害は少ないように感じますが・・・・・やっぱりテレビで見ます。

 このような伝統行事がいつまでも続くといいですね。

« 8月15日 ポツダム宣言受諾を発表 | トップページ | 8月17日 パイナップルの日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/42178232

この記事へのトラックバック一覧です: 8月16日 京都・五山送り火:

« 8月15日 ポツダム宣言受諾を発表 | トップページ | 8月17日 パイナップルの日 »