« 8月27日 「男はつらいよ」の日,「寅さんの日 | トップページ | 8月29日 宝塚歌劇「ベルサイユのばら」を初演 »

8月28日 民放テレビスタートの日・テレビCMの日

 今日は、「民放テレビスタートの日」「テレビCMの日」に制定されています。
 1953年8月28日午前11時20分に、日本テレビが開局され、本放送を開始したことに由来して、2005年に制定されました。

 このとき同時に、日本初のテレビコマーシャルも放映されました。
 それは精工舎(現セイコー)のもので、「精工舎の時計が正午をお知らせします」という内容でした。
 しかし、当時、まだ放送機材の操作に慣れていなかったため、フイルムが裏返しだったために音がまったく出ず、音なしの状態で30秒間放映されました。
 なお、時報音はフィルムと関係なく挿入されたため正確に出ました。
 ちなみに同日の午後7時の時報は無事に放映され、これが現存する日本最古のテレビCMです。

 CMは限られた秒数内で企業や商品のイメージ、購買意欲などをそそるような効果を目的として制作されていますが、中にはかえって反感を買うようなCMもあります。
 
 一方、見ていてほほえましい、おもしろいCMもあります。
 広告の宣伝業界では「美(もしくは美女)・野獣(動物)・幼児(乳児)」の「Beauty, Beast, Baby」の、いわゆる「3B」が重視されています。
 たしかに「3B」は、取り上げ方をまちがえなければ、気持ちのよいものであり、目にとまりやすいという心理的効果がありそうです。

 テレビでくりかえしくりかえし流されて、頭から抜けきれないで、住み着いてしまったCMがあります。たとえば、・・・・
 
 クシャミ3回、ルル3錠(風邪薬ルル)
 なんである、アイデアル(アイデアル洋傘)
 ハヤシもあるでよ~(ハウス食品)
 わたしにも写せます(富士フィルム)
 俺がこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー(前田ランチクラッカー)
 大きいことはいいことだ!!!!(森永エールチョコレート)
 わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい(丸大ハム)
 ピッカピカの一年生(小学館:学習雑誌)
 ファイト!一発!(リポビタンD)
 ユンケルンバでガンバルンバ(ユンケル)
 5時から男のグロンサン(グロンサン)
 亭主元気で留守がいい(金鳥ゴン)
 ちちんブイブイ だいじょーブイ(アリナミンVドリンク シュワルツネッガー)
 勉強しまっせ引越しのサカイ ほんまかいなそうかいな(サカイ引越センター)
 もっともーっとタケモットー・ピアノ売ってちょーだい(タケモトピアノ工房)

 日常の会話でも使った経験があり、なつかしいですね。
 CMはヒットすると売上が急上昇します。
 たしかに、私たちも「どこかで聞いたことあるなあ」という商品は、「いい商品」になって、「買う商品」となり、買う行動につながりやすくなります。

 CMは、茶の間にいきなり飛び込んできますから、気分が悪くなるCMはゴメンです。見てても気持ちがよくて、情報が正確で、「ふふっと笑えるようなCM」を期待したいですね。

« 8月27日 「男はつらいよ」の日,「寅さんの日 | トップページ | 8月29日 宝塚歌劇「ベルサイユのばら」を初演 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/42296733

この記事へのトラックバック一覧です: 8月28日 民放テレビスタートの日・テレビCMの日:

« 8月27日 「男はつらいよ」の日,「寅さんの日 | トップページ | 8月29日 宝塚歌劇「ベルサイユのばら」を初演 »