« 7月9日 ジェットコースターの日 | トップページ | 7月14日 ニホン・ニッポンどちらが正しい? »

7月11日 世界人口デー

 今日は「世界人口デー」です。
 国連人口基金(UNFPA)が1989年に制定した国際デーの一つです。世界の人口問題への関心を深めてもらうことが目的です。

 制定のきっかけになったのは、1987年のこの日に、地球の人口が50億人をこえたことです。
 50億人目の赤ちゃんは、1987年7月11日に、当時のユーゴスラビアのザグレブで生まれた男の子でした。国連が正式に認定し、当時のデクエヤル事務総長が祝福にかけつけています。
 
 その後1999年10月12日には早くも60億人を突破し、毎年約7800万人のペースで増加しています。

 世界の人口は、1秒に2~3人、1分に140人、1日で20万人、1年で8千万人のペースで増えているといわれています。
 世界中で、1年に6000万人が亡くなり、1億4000万人が産まれています。

 世界の人口は現在も増え続けていますが、その全体の増加率は1970年をピークに低下しています。
 地域別に差が大きく、発展途上国なかでもアフリカは最大の人口増加率です。

 この結果、国連による世界人口推計は、2000年の60億から2025年には78億に、2050年には89億に増加するとしています。
 すなわち、今後50年で世界人口は29億人増加し、現在の約1.5倍になると予測されています。
 (ちなみに日本は、2050年までに2650万人減少するという予測がされています。深刻!)

 世界人口の急速な増加は、食料不足、飢餓の発生、貧困の拡大、エネルギー消費の増加に加えて緑地の砂漠化、地球の温暖化などの地球環境破壊の大きな原因になっています。

 世界にはほかにも問題が山積です。
 石油の枯渇が着々と近づいています。バイオ燃料は新しい食糧問題を引き起こしています。
 森林が失われています。古代文明がおこったほどの大河の水がなくなりかけています。こんなに地球が危ないのに、大国はエゴを出して、解決のイニシアチブをとろうとしません。
 戦争なんかしている場合ではないのに・・・・と、叫びたいです。

« 7月9日 ジェットコースターの日 | トップページ | 7月14日 ニホン・ニッポンどちらが正しい? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/41799537

この記事へのトラックバック一覧です: 7月11日 世界人口デー:

« 7月9日 ジェットコースターの日 | トップページ | 7月14日 ニホン・ニッポンどちらが正しい? »