« 7月1日 弁理士の日 | トップページ | 7月7日 七夕、日中不再戦の日 »

7月6日 サラダ記念日

 歌人の俵万智が1987年に出版した歌集『サラダ記念日』の中の一首に次の歌があります。

 「この味がいいねと君が言ったから  七月六日はサラダ記念日」

 この歌から、今日7月6日が「サラダ記念日」になりました。
 この歌集がきっかけで短歌ブームがおきました。また、「記念日」という言葉を一般に定着させた功績も大きいといわれています。

 この歌集は刊行前から話題となっていました。初版の発行部数はわずかに3000部だったにもかかわらず、出版されるや人気を博して280万部のベストセラーとなりました。

 ちなみに表題の「サラダ記念日」のほか、第32回角川短歌賞を受賞した「八月の朝」などを含む434首を収録しています。新しい現代短歌の先駆けとなり、後に続く若手の歌人たちに影響を与えました。

 俵は、元々「月刊カドカワ」の企画で注目を浴びていました。その初の歌集ということで角川書店からの出版になるはずでした。
 ところが角川書店社長の角川春樹が大反対をしたようです。俳人でもある角川春樹自身が、歌集、句集などの書籍は売れないということを経験的に知っていたためです。

 結局、河出書房から出版されたこの『サラダ記念日』はミリオンセラーとなり、角川書店はみすみすそのチャンスをのがしてしまいました。

 俵万智は、早稲田大学在学中から短歌を作り始め、神奈川県立橋本高校の教諭時代に、歌人としてデビューしました。
 日常会話で使われるカタカナ語を巧みに使い、親しみやすい歌風は多くの人々の心をつかんでいます。

 なお、「サラダ記念日」ということで、スーパーやドレッシングのメーカー等が、商品の売り上げを伸ばそうとPRを行っています。

« 7月1日 弁理士の日 | トップページ | 7月7日 七夕、日中不再戦の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/41745404

この記事へのトラックバック一覧です: 7月6日 サラダ記念日:

« 7月1日 弁理士の日 | トップページ | 7月7日 七夕、日中不再戦の日 »