« 7月7日 七夕、日中不再戦の日 | トップページ | 7月9日 ジェットコースターの日 »

7月8日 質屋の日

 今日は「質屋(しちや)の日です。「しち(7)や(8)」の語呂合わせです。

 質屋は何らかの物品を質(質草・担保)に取って、金銭を貸し付けるう事業者のことです。物品を質草にして金銭を借り入れることを質入といいます。
 期限までに返済できない時は、質入れした物品は取り戻せなくなります。こうした物品は質流れ品と呼ばれます。

 起源は鎌倉時代といわれています。
 時代劇などの映画やドラマでは「質屋」がしばしば登場していました。
 貧しい家の奥さんが家計の不足を補うため、嫁入りで持参した着物や帯やかんざしを質入れする場面です。
 とくに江戸時代の下級武士の家に嫁いだ奥方は着物を一枚二枚と質入れしなければ生きていけなかったといわれています。

 明治以後も庶民の一般的な金融であった当時でも、質屋通いは世間体が悪いものでした。ですから質屋とは呼ばないで、「七つ屋」・「セブン屋」・「セブン銀行」・「一六銀行」などの隠語が用いられたがありました。

 こうして1960代ごろまでは庶民金融の主力でした。良心的な質屋も多く、庶民にとってはなくてはならない店でもありました。
 しかし、1970代頃から、消費者金融がおこり始め、それにともなって廃業する質屋が多くなりました。

 現在の質屋は、貸付よりも、流通の価値を持つ有名ブランド品の宝飾品や貴金属の買取や仕入れ、販売などがおもな仕事になっているといわれています。
 とりわけ、地域の質屋組合が行う質流れ品の販売イベントには、毎回多くの客が訪れるようです。

 金銭を借りずに金利相当分だけ払って、古美術品などの倉庫の代わりとして利用される変わった利用方法もあります。

 私が幼いころ「質」と書いた店らしくない店のショーケースに、時計とか指輪・ネクタイ・ブラウス・ネクタイピン・カバン・麻雀パイ・ブローチなど妙な取り合わせの商品が置いてあるのが不思議でなりませんでした。
 
 そんなある時、親父が麻雀パイを買ってきました。豊かではなかったのにどうやって金の工面をしたのかと思っていたら、質流れで買ったと言っていました。
 質屋の仕事を始めて知った瞬間です。

 後日、大阪に出た私に、質流れの麻雀パイを買ってくれました。20年来、麻雀からは遠のいていますが、パイは今も押し入れに眠っています。
 「質の日」から、親父を思い出しました。

« 7月7日 七夕、日中不再戦の日 | トップページ | 7月9日 ジェットコースターの日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/41765872

この記事へのトラックバック一覧です: 7月8日 質屋の日:

« 7月7日 七夕、日中不再戦の日 | トップページ | 7月9日 ジェットコースターの日 »