« 6月13日 鉄人の日 | トップページ | 6月15日 ネス湖のネッシーが目撃された »

6月14日 オリンピックマークが制定された

今日は、オリンピックマークが制定された日です。

 オリンピックマークは青・黄・黒・緑・赤の5色をリングでつないだ形になっています。
 これは世界5大陸(ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ、アジア、オセアニア)とその相互の結合、連帯を意味しています。
 何色がどの大陸をさしているということはありません。
 
 このマークは、IOC設立20周年記念式典で発表されました。初めて旗が掲揚されたのは1920年のアントワープオリンピック(ベルギー)からです。
 この大会からはオリンピック宣誓が始められました。

 このデザインを思いついたのはオリンピックの父といわれているクーベルタン男爵です。

 彼は、ギリシャの歴史書のオリュンピアの祭典の記述に感銘を受けて、近代オリンピックを提唱しました。そして賛同者によって国際オリンピック委員会 (IOC) を設立し、1896年第1回アテネオリンピックの開催を実現しました。

 「オリンピックは、参加することに意義がある。」という名言を残しています。

« 6月13日 鉄人の日 | トップページ | 6月15日 ネス湖のネッシーが目撃された »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/41523992

この記事へのトラックバック一覧です: 6月14日 オリンピックマークが制定された:

« 6月13日 鉄人の日 | トップページ | 6月15日 ネス湖のネッシーが目撃された »