« 6月9日 ドナルド・ダックの誕生日  | トップページ | 6月11日 ハワイ初代国王カメハメハが誕生 »

6月10日 時の記念日

 今日6月10日は「時の記念日」です。

 1920年に東京天文台と生活改善同盟会によって制定されました。
 日本国民に「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」と呼びかけ、時間の大切さを尊重する意識を広めるために設けられたといわれています。

 なぜ、6月10日が選ばれたかというと、「日本書紀」に「天智天皇の時代の西暦671年6月10日(旧暦4月25日))に、日本初の時計が鐘を打った」ことが書いてあるからです。     なお、「漏尅」すなわち「漏刻(ろうこく)」とは水時計のことです。

 もっとも、日本書紀によれば漏刻は、もっと以前にすでに設置されていました。しかし、その日付が不明であるため、日付の明確な天智天皇10年の方が「時の記念日」に採用されています。

 だいたいの目安しかはかれない日時計に比べて、水時計は正確な時刻をはかることができるものとして重く用いられて来ました。
 その発明は古く、紀元前の16世紀(今から3600年前)には、エジプトですでに使用されていたという記録が残っています。

 この水時計の管理をしていたのは漏刻博士たちです。
 二人で交替で水量をチェックして鐘や太鼓で時報を告げていました。たいへん重要な役目です。居眠りなどできません。もし居眠りしたり遅刻した場合は出勤停止や罷免など、たいへん厳しい罰があったようです。

 なお、この当時使用されていた時刻は、私たちが現在も使用しているような、夏でも冬でも一定の時を刻む定時法というものです。
 ちなみに、江戸時代は不定時法といって、日の出と日没の間を等分したものです。現在は使われていません。

 何はさておき、時間にルーズな人は、「時の記念日」をきっかけにあらためることが大切ですね。私を筆頭に!

« 6月9日 ドナルド・ダックの誕生日  | トップページ | 6月11日 ハワイ初代国王カメハメハが誕生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/41486561

この記事へのトラックバック一覧です: 6月10日 時の記念日:

« 6月9日 ドナルド・ダックの誕生日  | トップページ | 6月11日 ハワイ初代国王カメハメハが誕生 »