« 6月25日 琴の宮城道雄が事故死 | トップページ | 6月27日 奇跡の人ヘレン・ケラーが生まれた »

6月26日 露天風呂の日

 今日は、「露天風呂の日」です。「ろ(6)てん(.)ぶ(2)ろ(6)」の語呂合わせです。
 岡山県湯原町うるおいあるまちづくり委員会が1987(昭和62)年に制定しました。

 「露天風呂の日」を制定した湯原温泉は、岡山県の北部の真庭市(旧:湯原町)にあります。
 鳥取県との県境に近いところにあって、諸国露天風呂番付で西の横綱にランクされた「砂湯」で知られています。
 湯郷温泉、奥津温泉とともに美作三湯に数えられています。

 「砂湯」とは、湯原温泉を代表する名所で湯原ダムの下にある巨大な共同露天風呂のことです。
 川底から砂を噴きながら温泉が湧いていることから砂噴き湯(砂湯)の名称で呼ばれるようになりました。足下噴出源泉露天風呂です。
 川の中にあるお風呂ですが住民により管理され無料で開放されています。

 この砂湯は湯原温泉の古代からのお風呂のようすを唯一残すもので、市の文化財として指定されています。
 なお、砂湯は、混浴ですので女性は入浴しづらいようです。そのため女性にも入浴してもらえるようにと、2km下流の下湯原温泉に男女別の有料露天風呂が設けられました。

 また、ここにはペット専用(犬猫)の露天風呂もあるそうです。

 湯原温泉では、温泉は自然環境の恵みであるという視点から湯原町旅館協同組合が中心になって環境問題にも取り組んでいます。
 
 川の水質悪化の原因の一つである廃食用油があります。
 湯原町では、温泉が湧き出る川の水質悪化を防ぐために、宿泊施設、飲食店、一般家庭の廃食用油を回収して、宿泊施設や市のコミュニティーバスのバイオディーゼル燃料にリサイクルする活動を行っています。
 特に民間レベルで行っている点で全国の先駆的な地域となっています。

« 6月25日 琴の宮城道雄が事故死 | トップページ | 6月27日 奇跡の人ヘレン・ケラーが生まれた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/41646850

この記事へのトラックバック一覧です: 6月26日 露天風呂の日:

« 6月25日 琴の宮城道雄が事故死 | トップページ | 6月27日 奇跡の人ヘレン・ケラーが生まれた »