« 5月30日 世界禁煙デー | トップページ | 6月2日 本能寺の変 »

6月1日 夏服に衣替え

 今日から6月。日本では「衣替え」といわれる日です。

 衣替えとは、名前のごとく、
季節の移り変わりに応じて衣服を替えることをいいます。
 必然的に着なくなった冬物を片づけて、夏物を出してくるなど、衣服の収納する場所を変更する作業がともないます。

 さて、今日はほどよく涼しかったので、衣替えをしないで一日を過ごされた方も多かったのではないでしょうか。

 多くの学校や企業では、今日から制服・標準服の(夏服・冬服)を変更するところが多いです。前後1~2週間は準備期間となっています。
 日本では、梅雨前線が活発になる6月と秋雨前線の活動が鈍くなってきた10月(沖縄県と奄美群島は5月と11月)に衣替えが行われることが多いといわれています。
 季節感と衣替えの時期はほぼぴったりしているように思います。

 衣替えは習慣ですから、一般的には強制されるものではありません。
 近ごろは、電車やバス、ビル、オフィスなどどこも冷房がガンガン効いているので寒くて、冷え性の方は辛い目にあっています。
 ですから、意識的に衣替えをしない人も増えているようです。

 現代では、私たちは服を着替えるときは更衣といっています。着替える部屋を更衣室と呼んでいます。
 でも平安時代はそうやすやすと「更衣」という言葉を使ってはならなかったようです。
 なぜでしょうか。
 衣替えの習慣が始まった平安時代には、中国の風習にならって4月1日および10月1日に、夏服と冬服とを着替えると定めていました。
 これを現代と同じように更衣と呼んでいました。
 
 ところが、平安時代の天皇の日常の着替えの役目を持つ女官の職名をも「更衣」とよんでいたのです。さらに、後には天皇の寝所に奉仕する女官で、女御に次ぐ地位の人も「更衣」とよぶようになりました。
 そのため、「更衣」という言葉は下々の者は使えなくなり、「衣替え」という言葉を使うようになっていったというわけです。

 江戸時代ごろから、衣替えは6月1日と10月1日に行うようになりました。
 明治のはじめに太陽暦が採用されてからも、官庁・企業・学校が旧暦の日附をそのまま新暦に移行して6月1日と10月1日に行うようになり、現代に続いています。 

« 5月30日 世界禁煙デー | トップページ | 6月2日 本能寺の変 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/41397134

この記事へのトラックバック一覧です: 6月1日 夏服に衣替え:

« 5月30日 世界禁煙デー | トップページ | 6月2日 本能寺の変 »