« 5月20日 森林の日(森が魚を育てる) | トップページ | 5月22日 チリ地震津波、日本を襲う »

5月21日 「翼よ、あれがパリの灯だ」

 今日は、リンドバーグが大西洋単独無着陸飛行に初めて成功した日です。

 1927年5月20日5時52分(出発時の現地時刻)、ニューヨークのルーズベルト飛行場を飛び立ったリンドバーグは、5月21日22時21分(到着時の現地時刻)に、パリのル・ブルジェ空港に着陸しました。

 飛行距離は5,810kmで飛行時間は33時間29分30秒でした。
 この成功により、リンドバーグは、ニューヨーク-パリ間を無着陸で飛んだ者に与えられるオルティーグ賞とその賞金25,000ドルを得ました。さらに、確固とした世界的な名声を得ました。
 大西洋単独無着陸飛行に成功した際、ル・ブルジェ空港につめかけた人たちは、空港に入りきれない人たちも含めて、延べ75万人とも100万人ともいわれています。

 リンドバーグの飛行機はスピリットオブセントルイス(The Spirit of St. Louis)号はかなり改造されていました。
 多量の燃料(ガソリン)を積み込むために操縦席の前方に燃料タンクを置いたため、座席からは直接前方が見えなかったといいます。
 無名の操縦士だったリンドバーグには出資者が少なかったので、機材の性能を低くせざるをえず、前方視界を犠牲にしても燃料の搭載量を増やすことで対処したのです。
 
 さらに、交代の操縦士も乗せることもできなかったため、パリまで一人で操縦し続けるというたいへん過酷な飛行を行うことになりました。
 飛行中、リンドバーグは強い睡魔に襲われますが、これを克服してパリに到達しました。

 パリ上空で「翼よ、あれがパリの灯だ!」と叫んだいう有名な話がありますが、実はリンドバーグは叫んではいません。
 出所は自伝 "The Spirit of St. Louis" の和訳タイトルにありました。日本語ではたいへん印象的に聞こえるのでかなり広く知られていますが、英語圏ではこれにふさわしい文は存在していません。
 日本語タイトルを付けた邦訳者はすばらしいセンスをもっていますね。

 なお、大西洋無着陸飛行そのものは1919年にオルコットとブラウンによって成功しています。複数で成功しています。
 リンドバーグは、大西洋無着陸飛行に世界で初めて単独で成功したところに値打ちがあるのです

« 5月20日 森林の日(森が魚を育てる) | トップページ | 5月22日 チリ地震津波、日本を襲う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/41271323

この記事へのトラックバック一覧です: 5月21日 「翼よ、あれがパリの灯だ」:

« 5月20日 森林の日(森が魚を育てる) | トップページ | 5月22日 チリ地震津波、日本を襲う »