« 5月4日 ラムネの日 | トップページ | 5月6日 「てなもんや三度笠」の放送開始 »

5月5日 端午の節句

 今日は、五節句の一つ、「端午の節句」です。「菖蒲の節句」ともいいます。邪気を払うため、菖蒲や蓬を軒にさし、菖蒲湯(菖蒲の束を浮かべた風呂)に入る風習が残っています。
 また、粽(ちまき)や柏餅を食べる風習もあります。

 「端」は物のはし、つまり「始り」という意味です。また、「午」は「五」に通じることから、元々「端午」は月の始めの五の日のことでした。
 その中でも数字が重なる5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになりました。

 平安時代までは、日本ではこの日、男性は戸外に出払い、女性だけが家の中に閉じこもって田植えの前に身を清める神聖な儀式の日だったようです。
 端午の節句は、このようにもともとは女性の節句でした。

 ところが、「菖蒲」の節句ともいわれているように、「菖蒲(しょうぶ)」が「尚武(しょうぶ=武事・軍事を尊ぶこと)」と同じ読みであることから、武士の社会になった鎌倉時代ごろから男の子の節句とされました。
 さらに江戸時代にかけて、甲胄・武者人形等を飾り、庭前に鯉のぼりを立てて男の子の成長を祝うように変わっていきました。

 なお、国民の祝日に関する法律(祝日法)では「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことを趣旨として、5月5日を「子どもの日」と制定しました。
 ゴールデンウイークを構成する日の一つになっています。

« 5月4日 ラムネの日 | トップページ | 5月6日 「てなもんや三度笠」の放送開始 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/41091488

この記事へのトラックバック一覧です: 5月5日 端午の節句:

« 5月4日 ラムネの日 | トップページ | 5月6日 「てなもんや三度笠」の放送開始 »