« 5月8日 ゴーヤーの日 | トップページ | 5月10日 帝銀事件の平沢貞道が獄死 »

5月9日 アイスクリームの日

 今日は、「アイスクリームの日」です。  
 1964年のこの日、東京アイスクリーム協会が各地の施設へアイスクリームをプレゼントしました。
 アイスクリームのシーズンに入る時期におこなわれたこの行事を記念して、この日を「アイスクリームの日」と制定し、各種のイべントを実施しています。

 さて、アイスクリームはいつごろからあったのでしょうか。 

 製品を天然の氷や雪で冷やして食べる習慣は、2000年以上前のローマ時代からありました。
 カエサル(シーザー)やアレキサンダー大王が乳や蜜に氷や雪を入れて飲んだという話が伝わっています。
 また、マルコ・ポーロは中国で乳を凍らせたものを食べ、その製法をイタリアに伝えたという話もあります。

 今につながるアイスクリームは、イタリアからフランス・イギリスを経て、アメリカで大量生産されるようになっていました。

 日本人で初めてアイスクリームを食べたのは、江戸時代の末に咸臨丸でアメリカに渡った使節団であるとされています。

 日本で最初にアイスクリームを作って売ったのは、1869年(明治2年)7月、この使節団のメンバーであった町田房蔵です。彼は横浜の馬車道通りに開いた「氷水屋」で製造・販売しました。
 
 町田のアイスクリームは、「あいすくりん」という名称で、一人前の値段は2分、現在のお金でナント約8000円と大変高価なものでした。
 当然、民衆には敬遠されて、なかなか浸透しませんでした。

 この「あいすくりん」は生乳、砂糖、卵黄を原料とするシンプルなものでした。これはいまでは「カスタードアイス」ともいわれるものだそうです。
 富士の氷穴および函館の天然氷をもちいて製造したと書き残されています。
 
 後に1899年7月、東京銀座の資生堂主人、福原有信が売り出して世に広まりました。

 私の小学生時代は、アイスキャンデーが食べられる初夏が来るのが待ち遠しかったものです。現代では真冬でも食べられるお菓子になりました。
 おとぎ話の王子でもうらやましがる時代になりましたね。
 「冬にアイスクリームなんて!」とはじめは抵抗があったものです。はじめだけ。

 なお、2006年の国内販売額のトップ5は、森永乳業(12,5%)、江崎グリコ(約12,0%)、ハーゲンダッツジャパン(11,8%)、明治乳業(10,5%)、 ロッテ(9,8%)となっています。(日本経済新聞社推計)。

« 5月8日 ゴーヤーの日 | トップページ | 5月10日 帝銀事件の平沢貞道が獄死 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/41140586

この記事へのトラックバック一覧です: 5月9日 アイスクリームの日:

« 5月8日 ゴーヤーの日 | トップページ | 5月10日 帝銀事件の平沢貞道が獄死 »