« 5月3日 憲法記念日 | トップページ | 5月5日 端午の節句 »

5月4日 ラムネの日

 日本で初めてラムネの製造販売をはじまったのは、1872(明治5)年の今日でした。
 東京の千葉勝五郎がレモン水に砂糖と水を加えた飲み物「レモネード」の製造・販売を始めました。
 「レモネード」がなまって「ラムネ」の呼び名が一般化したといわれています。
 このため、 5月4日は「ラムネの日」とされています。

 わが国に初めてラムネの元祖となる炭酸飲料が伝わったのは江戸時代の終わりごろです。
 アメリカのペリーが浦賀に来航したときにこんな話が残っています。
 幕府の役人にラムネ(このころはまだラムネという名前はありません)が振る舞われました。当時もラムネの栓を開けたときのポン!という音がしました。銃声と勘違いした江戸幕府の役人たちが、いっせいに刀の柄に手を掛けたということです。
 及び腰の幕府の役人ですから、さぞびっくりしたことでしょう。 

 ラムネの特徴でいちばんに思い浮かぶのは、やはりビー玉ですね。ビー玉はどんな役割をはたしているのでしょうか。
 
 はじめにラムネのびんを立てておいて(このときビー玉は下に落ちています)原液と炭酸を入れます。
 次に急激にびんを下向きにすると、中のガス圧でビー玉がびんの口に押しつけられ、口にあるゴム(パッキンの役割)にビー玉が密着して口をふさぐしくみです。

 ビー玉がなければびんのラムネはできなかったのです。サイダーも同じ炭酸飲料ですが、どう違うのでしょう。

 区別は簡単です。びんの口をビー玉で栓をした炭酸飲料を「ラムネ」、王冠を使って栓をしたものを「サイダー」と分けています。

 さて、ラムネは、150年近くも中小企業の工夫と努力により育てられてきました。
 大企業が生産しているラムネはありません。
 何か合意・取り決めみたいなものがあって大企業はラムネの生産には参入しないことになっています。中小企業の生産が保護されています。中小企業を応援するドリンクでもあります。

 ガラスのびんを利用したラムネは、環境保護の面からも考えても、いっさいの資源を無駄にしないで再利用している最優秀作品です。

 さわやかなビー玉の音とともに、ラムネを見直したくなりました。

« 5月3日 憲法記念日 | トップページ | 5月5日 端午の節句 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/41083574

この記事へのトラックバック一覧です: 5月4日 ラムネの日:

« 5月3日 憲法記念日 | トップページ | 5月5日 端午の節句 »