« 4月7日 メートル法が誕生 | トップページ | 4月9日 大仏の日 »

4月8日 花祭り

 今日は花祭りの日です。「えっ、何という花の祭り?」という声が聞こえてきそうです。日本ではもうほとんで日常的には話題にならなくなりました。私の部屋の行事カレンダーにも載っていません。花祭りは灌仏会ともいいます。

 中学生が、歴史で習うまでは「お釈迦さん」「仏教」を知らない時代になったんですからしかたありません。三蔵法師や鑑真、親鸞や日蓮、キリスト教やイスラム教は知っていても「釈迦」や「仏教」は知らないのです。

 さて、今日4月8日は、仏教の祖、釈迦の誕生日です。

 釈迦の本名は「ゴータマ・シッダールタ」といいます。釈迦と呼ばれるのは、シャカ族の王子であったからです。王子の身分を捨てて、修行を続け、悟りを開いたといわれています。
 生まれてすぐに東方へ7歩あるいて、両手で天と地を指して、「天上天下唯我独尊」と叫んだという伝説が残っています。

 花祭りの日には、ほとんどのお寺で境内に、さまざまな花で飾った花御堂と呼ばれる小さなお堂をつくり、その中に灌仏桶を置いて甘茶を満たし、その中央の水盤の上に釈迦の立像を置きます。
 参詣人はこの釈迦像の頭上に、竹でできた杓子で甘茶を注いで拝む風習があります。

 花祭りはインドでおこり、日本には奈良時代に伝わったといわれています。当時は釈迦像に5種の香水を注いでいましたが、江戸時代に入って甘茶を注ぐようになったといわれています。

 なお、失敗して物をダメにする(役に立たなくする)ことを「おしゃかになる」と表現します。これは花祭り(灌仏会)にちなんでいるのです。
 江戸の鍛冶職人(鋳物師)の隠語として、あぶり過ぎてダメな金物をつくってしまったとき、江戸っ子訛りで「しがつよかった(火が強かった)」=「四月八日だ」=釈迦の誕生日だ、とのつながりで成立したと言われています。

« 4月7日 メートル法が誕生 | トップページ | 4月9日 大仏の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/40809785

この記事へのトラックバック一覧です: 4月8日 花祭り:

« 4月7日 メートル法が誕生 | トップページ | 4月9日 大仏の日 »