« 4月26日 よい風呂の日 | トップページ | 4月28日 象の日 »

4月27日 駅伝競走誕生の日

 今や世界的に有名になり、外国選手もさかんに参加するようになった「駅伝」は、1917年の今日、始めて「駅伝」の名前で実施されました。

 この「駅伝」は、1917年4月27日、「東海道五十三次駅伝競走」の名前で実施されました。
 走る区間は、京都の三条大橋を午後2時に出発し、東京の上野の不忍池までの23区間、約508kmを走るというものでした。
 参加チームは関東軍と関西軍の2チームです。もちろん昼夜兼行です。関東軍の最終走者が不忍池に到着したのは翌々日の午前11時34分のことでした。
 この競走のスタートとゴールである三条大橋および上野不忍池の近くには「駅伝発祥の地」の碑がそれぞれ存在しています。

 この「駅伝」は、江戸時代における東海道五十三次における伝馬制からヒントを得たといわれています。
 駅伝という言葉自体は、日本書紀にも記載されているほど古いものです。
 都と地方の間の道路網の中継所を「駅」といい、ここに宿泊施設があり、人や馬も配置されていました。駅に朝廷の使者が到着すると、次の駅まで乗り継ぎの馬を用意する仕組みが整っており、この制度を「駅制と伝馬制」といいました。ここから「駅伝」という名前が考え出されたようです。 

 テレビ中継技術の発達とともに、国内での駅伝人気は増す傾向にあります。
 毎年正月2日と3日の両日にかけて行われる箱根駅伝は1920年に第1回が開催された伝統の競走です。
 もう一つ、元日に行われる全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)と合わせて正月の催事として完全に定着しています。

 日本にとどまらず世界的に行われる競技となっています。
 そのきっかけとなったのが、1983年に開かれた駅伝の最初の国際大会である横浜国際女子駅伝だと言われています。
 その後、国際千葉駅伝で男女の国際大会も開設され、国際的な駅伝認知が高まりました。
 特に元々マラソンや中距離トラック競技の強豪国であるエチオピアで盛んになってきており、国内でも駅伝大会が行われるほどです。

 国際的には、rord relay、またはekidenとよばれています。

« 4月26日 よい風呂の日 | トップページ | 4月28日 象の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/41003566

この記事へのトラックバック一覧です: 4月27日 駅伝競走誕生の日:

« 4月26日 よい風呂の日 | トップページ | 4月28日 象の日 »