« 4月13日 決闘の日 | トップページ | 4月15日 梅若忌(木母寺) »

4月14日 バレンタインデーに続け?

 キリスト教国ではない日本で、2月14日のバレンタインデーキャンペーンの結果、チョコレート売り上げが激増したことは製菓企業・販売者側からみると大成功でした。

 1ヶ月後の3月14日のお返しをするホワイトデーも、いただいたらお返しをするという義理堅い日本人に受け入れられて定着してきています。まずまず成功の域に入ったでしょうか。

 そこでさらに1ヶ月後の今日4月14日は「オレンジデー」といわれています。愛媛県の柑橘類(みかん類)生産農家が1994年に制定し、日本記念日協会に登録しています。
 
 2月14日の「バレンタインデー」で愛を告白し、3月14日の「ホワイトデー」でその返礼をした後で、その二人の愛情を確かなものとする日とされています。オレンジ(またはオレンジ色のプレゼント)を持って相手を訪問するになっているようです。
 日本ではバレンタインデーやホワイトデーのようには定着していません。

 欧米では、オレンジが多くできることから繁栄のシンボルとされ、花嫁がオレンジの花を飾る風習が確かにあります。オレンジは結婚と関係の深いものとなっていますが、日本のようなキャンペーンはされていないようです。

 佐賀県佐賀市が1998年に4月14日を「パートナーデー」として制定しました。バレンタインデー、ホワイトデーを経て、その1ヶ月後で、家庭・職場・地域等でたがいを思いやって、男女が共に参画する社会をめざす日となっていますが、恋人同士がうまくいってことが前提になっています。

 それに対して、うまくいっていない、相手にされなかった人に目をむけた記念日が韓国にあります。「ブラックデー」といわれています。
 
 日本のバレンタインデーなどは韓国や台湾にも広がりましたが、「ブラックデー」はバレンタインデーやホワイトデーで贈り物を受け取れないで、そのまま恋人ができなかった人の記念日です。
 黒い服を着て、チャジャン麺(黒いあんをかけた韓国の麺料理)やコーヒー(ブラックコーヒー)を飲食する日とされています。
 ということは、明日、韓国では黒い服を着てブラックコーヒーを飲んでる人は、・・・・の人と思われる、ということでしょうか。

 韓国のドラマや小説で「今年もチャジャン麺を食べることになりそう・・」のようなセリフがあった場合は「今年も恋人ができそうにない」という意味でしょう。

 韓国では、5月以降の各月の14日にも「ローズデー」・「イエローデー」(5月14日)、「キスデー」(6月14日)などの恋愛に関わる記念日がそれぞれ設定されています。食品会社によって作られたものが多く、記念日が多すぎるという批判もあるようです。

 あまりやりすぎるとうんざりしますね。もう、うんざりしてきたのではないですか。

 今日のテーマは、食品会社の販促キャンペーンには冷静に対処しましょうと言いたかったから取り上げました。

« 4月13日 決闘の日 | トップページ | 4月15日 梅若忌(木母寺) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/40871294

この記事へのトラックバック一覧です: 4月14日 バレンタインデーに続け?:

« 4月13日 決闘の日 | トップページ | 4月15日 梅若忌(木母寺) »