« 4月19日 地図の日(最初の一歩の日)  | トップページ | 4月21日 渋谷駅前のハチ公像の除幕式 »

4月20日 郵政記念日

 今日は「郵政記念日」です。
 1871年4月20日にそれまでの飛脚制度に代わって、郵便制度が始まったことにちなむ記念日です。

 逓信記念日、郵政記念日とたびたび改称されて記念行事が行われてきましたが、2001年の4月20日からは再び「郵政記念日」の名称で実施されています。

 さて、郵便制度といえば、生みの親の前島密(まえじま・ひそか)の名前はよく知られています。1円切手の人です。
 「郵便」・「郵便切手」という呼び方を考えだしたのも前島です。 

 郵便が始まったころのエピソードが残っています。
 切手を買った客がどこに貼るかわからず、局員が「おもてに貼ってください」といったら、いきなり外に飛び出していったという笑い話があります。ほんとうの話です。
 切手を貼ることも知らないで、「東京にて おばさま まつより」などと書いて、お金を手紙にくくりつけて「書状集箱」と書かれたポストに直接入れる人もいたそうです。

 お米の値段が1.8リットルで7銭の時代に、東京~大阪間の手紙一通は3日もかかって15銭もしました。非常に高価でした。

 1枚の切手が何度も使われて困ったようです。
 これも前島が解決しました。
 前島が外国に行くときの郵便船で、スタンプで消印を押しているのを知って、さっそく手紙にスタンプのことを書いて日本に送ったといわれています。

 今日、たしかに郵便は便利です。
 新しい郵政民営化によって不便にならないように、便利さはさらに強化されるように期待したいものです。


 

« 4月19日 地図の日(最初の一歩の日)  | トップページ | 4月21日 渋谷駅前のハチ公像の除幕式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/40930061

この記事へのトラックバック一覧です: 4月20日 郵政記念日:

« 4月19日 地図の日(最初の一歩の日)  | トップページ | 4月21日 渋谷駅前のハチ公像の除幕式 »