« 3月7日 玄奘の忌日 | トップページ | 3月9日 アメリゴ・ヴェスブッチの誕生日 »

3月8日 ミツバチの日

 3月8日は語呂合わせで「み(3)つばち(8)」の日です。そして8月3日は「はちみつ」の日になっています。どちらも、全日本はちみつ協同組合と日本養蜂はちみつ協会が定めたものです。

 ハチミツは私たちの健康や嗜好でお世話になっていますが、花の蜜をせっせと集めてくれているのがミツバチです。人間が横取りしてるのです。
 
 特に日本人が好んで買い求めるレンゲやアカシアの蜜はさっぱりした味なので人気があります。ミカンの蜜も、ミカン栽培の時期に多く集められています。

  人類はかなり古い時代からハチミツを知っていました。あの芸術家の人類・クロマニョン人のアルタミラ洞窟の壁にもそのようすが描かれています。彼らは少なくとも1万年より少し昔の人類です。そのころにはミツバチの巣を見つけ出して食していたと考えられチェいます。量は少なかったでしょうが、当時としては最高の甘味料だったに違いないでしょう。

 古代エジプトでは「蜂を飼う」ということをはじめました。ハチミツを集める時に巣をこわして蜜を絞り取っていたそうです。もったいないですね。巣をこわされた蜂たちも大変、ハチミツをとる側の人間も非能率的です。

 現代では、養蜂家は継続して使用できる巣箱でミツバチを飼っています。この方法では巣箱の板を一枚ずつ取り出してはそこについている蜂蜜を取り出し、また巣箱にもどしています。そしてこの板を遠心分離機にかけて一気に蜂蜜を取るやりかたが最もよく行われていて能率的です。

 養蜂をする人たちはこの巣箱を持って花の咲いている所を求めてあちこち移動しながら蜂を飼っています。

 ハチミツの王様、ローヤルゼリーはとくに栄養価が高く、免疫強化や老化防止、虚弱体質の人の体力増進などに効果があります。これはハチミツの中でも、女王蜂を育てるために特別に調合されたものです。

 また、最近人気があるののがプロポリスです。ミツバチが巣を守るために塗りつけているニカワ状の物質です。強い抗菌・消炎作用があり、飲むとウィルスに対する抵抗力をつける力があるとされます。癌や糖尿病・喘息などにも効果があるという説もあります。
 ブラジルなどからたくさん輸入されています。少々高価ですが買い求める人は多いですよ。

 私は、ハチミツは、紅茶に入れたり、マーガリンを塗ったトーストにつけたり、ホットケーキにかけたりして使っています。安物ですが・・・・。
 ハチミツは何の花の蜜かを明記した、混じりけのないブランドものが一番いいということを聞いたことがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 3月7日 玄奘の忌日 | トップページ | 3月9日 アメリゴ・ヴェスブッチの誕生日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/40418291

この記事へのトラックバック一覧です: 3月8日 ミツバチの日:

« 3月7日 玄奘の忌日 | トップページ | 3月9日 アメリゴ・ヴェスブッチの誕生日 »