« 3月17日 ショパンが初の演奏会 | トップページ | 3月19日 ミュージックの日 »

3月18日 レオーノフ、人類初の宇宙遊泳 

 1965年の今日の午前10時、ソ連の宇宙衛星船ウォストーク2号が宇宙にむけて出発しました。
 搭乗していたアレクセイ・レオーノフ飛行士は、地球を17周まわる間に船外作業を24分間おこない、うち10分間を宇宙遊泳に当てました。これが人類最初の宇宙遊泳です。

 このとき、宇宙服のなかの気圧が上がりすぎ、服全体が膨張し、手を握ることもできず、エアロックを通って船内にもどることができなくなりました。レオーノフは、与圧バルブを開いて空気を逃がしてようやくことなきを得ました。
 しかし、この事実は当時は発表されることはありませんでした。

 私はこのときのニュースを見て、感動したのを覚えています。ここまで来たか、という感想でした。今から見れば初歩的な一歩ですが、この成果が積み重なって、今日の発展があるとおもいます。
 ウォストーク2号が帰着したのは翌日、午後0時2分でした。

 レオーノフは、ソビエト連邦において、ガガーリンらとともに最初の宇宙飛行士として空軍から選抜された20人のうちの一人でした。ソ連ではよく知られた宇宙飛行士です。

 レオーノフは、1968年からソビエトの月着陸計画のメンバーに選抜されています。しかし、宇宙船の開発のおくれとアメリカ合衆国のアポロ計画の成功により、ソビエトの月着陸計画はキャンセルされました。

 1975年にアポロ18号とのドッキング(アポロ・ソユーズテスト計画)に参加しましたが、それ以降は宇宙飛行士の育成にあたり、1991年に引退しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 3月17日 ショパンが初の演奏会 | トップページ | 3月19日 ミュージックの日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/40540396

この記事へのトラックバック一覧です: 3月18日 レオーノフ、人類初の宇宙遊泳 :

« 3月17日 ショパンが初の演奏会 | トップページ | 3月19日 ミュージックの日 »