« 3月3日 雛祭り | トップページ | 3月5日 日本初のミス・コンテスト »

3月4日 三線の日

 語呂合わせでは何の日かなと考えていましたら、まず、ミ(3)シ(4)ンの日でした。「ミシン」という名前は、 "sawing machine"(裁縫機械)の"machine"(マシーン)がなまったものです。

 次の語呂合わせは、3と4でサッシ。「サ(3)ッシ(4)の日」でした。

 まだありました。三線の日です。沖縄の楽器で「サンシン」といいます。サ(3)ンシ(4)ンの語呂合わせです。
 沖縄県の琉球放送が制定しました。

 三線は、蛇味線とも呼ばれ、三味線の元となったとされています。

 ただ、蛇皮線とよぶのは本土で、沖縄では言わないようです。沖縄では三線(サンシン)、あるいは単に三味線といいます。
 ヘビの皮(現在はニシキヘビの皮)が使われています。
 最近では人工皮を張ったものや人工皮の上に本皮を張った二重張りとか強化張りと呼ばれるものも普及しつつあるといいます。
 
 人工皮はその性質上高く鋭い音になりやすいので、好みの別れるところだそうです。ただし、人工皮でも張り方次第でかなり柔らかい音にできる製作者もいるため、オーダーメイドの場合はある程度の調整が可能な場合もあります。

 過去には蛇の本皮に手が出ない庶民が使った渋紙張りの三線がつくられました。
 第二次世界大戦後の物資の乏しい時期には馬の皮張り、セメント袋張り、米軍払い下げの落下傘生地などがありました。

 また空き缶を材料とした「カンカラ三線」(かんからさんしん)と呼ばれるものも代用品として製作されました。
 カンカラ三線は近年になって学校教育でも使われるようになり、また手軽なお土産としても人気を博しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 3月3日 雛祭り | トップページ | 3月5日 日本初のミス・コンテスト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503568/40364211

この記事へのトラックバック一覧です: 3月4日 三線の日:

« 3月3日 雛祭り | トップページ | 3月5日 日本初のミス・コンテスト »